Bing AIとその画像生成機能について知っておきたいこと《Bing Image Creatorについて》

8月 28, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

Bing AIとその画像生成機能について知っておきたいこと《Bing Image Creatorについて》
Bing Image Creatorサイトページへはこちら

Bing AIとは、Microsoftが提供する人工知能(AI)ツールです。Bing AIには、チャットボットや画像生成など、さまざまな機能があります。
この記事では、Bing AIの中でも特に注目されている画像生成機能(Bing Image Creator)について、その仕組みやメリット、活用例や注意点などを解説します。

Bing AIとは何か


Bing AIとは、Microsoftが提供する人工知能(AI)ツールです。Bing AIは、自然言語処理(NLP)やコンピュータビジョン(CV)などのAI技術を活用して、ユーザーのさまざまなニーズに応えることができます。

Bing AIの機能

Bing AIには、以下のような機能があります。

Bingチャットボット

Bingの検索バーから直接アクセスできる対話型AIです。
ユーザーが入力したテキストに対して、自然な文章で返答します。また、テキストから画像を生成することもできます。
Bing AIチャットサイトページへはこちら

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

Bing Image Creator

Bing AIの画像生成機能です。
作成したい画像をイメージした指示文(プロンプト)を入力することで、文章に合った画像を4枚作成できます。
Bing Image Creatorサイトページへはこちら

以下のリンクでBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》

Bing Image Search

Bingの画像検索機能です。キーワードやフィルターを使って、ウェブ上のさまざまな画像を見つけることができます。
Bing Image Searchサイトページへはこちら

Bing Visual Search

Bing Image Searchの拡張機能です。画像内の特定の部分に注目して、関連する情報や類似する画像を探すことができます。
Bing Visual Searchサイトページへはこちら

Bing Maps

Bingの地図サービスです。住所や地名を入力して、地図上に表示したり、ルートや交通情報を調べたりすることができます。
Bing Mapsサイトページへはこちら

Bing Translator

Bingの翻訳サービスです。テキストや音声、画像などを入力して、60以上の言語に翻訳することができます。
Bing Translatorサイトページへはこちら

Bingの公式Twitterもあります↓

スポンサーリンク
 

Bing AIの画像生成機能(Bing Image Creator)とは何か


Bing AIの中でも特に注目されている機能が、画像生成機能(Bing Image Creator)です。
この機能は、OpenAIが開発した「DALL·E」というAIモデルを採用しています。

DALL·Eは、「GPT-3」という強力なNLPモデルと、「CLIP」というCVモデルを組み合わせたものです。
GPT-3は、テキストからテキストを生成することができるAIで、チャットボットや文章作成などに使われています。
CLIPは、テキストと画像の関連性を評価することができるAIで、画像検索や画像分類などに使われています。

DALL·Eは、GPT-3とCLIPの能力を利用して、テキストから画像を生成することができます。
テキストには、作成したい画像の説明や場所、スタイルなどを含めることができます。
DALL·Eは、テキストに一致するように、画像の内容や形式を自動的に調整します。

Bing Image Creatorは、DALL·Eの先進バージョンを搭載しています。
Bing Image Creatorでは、テキストから4枚の画像を生成することができます。また、生成された画像の中から好みのものを選んで、カスタマイズすることもできます。

Bing Image Creatorは、https://www.bing.com/createからアクセスできます。
Microsoftアカウントにログインして、画像生成AIにアクセスすることができます。DALL·EやOpenAIのアカウントは必要ありません。
Bing Image Creatorサイトページへはこちら

以下のリンクでBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》

スポンサーリンク
 

Bing AIの画像生成機能の仕組みやメリットは何か

Bing AIの画像生成機能は、テキストから画像を生成することができるという点で、非常に革新的な技術です。
この機能の仕組みやメリットについて、以下に説明します。

仕組み

Bing AIの画像生成機能は、テキストから画像を生成するために、以下のようなプロセスを行います。

1.テキストを入力する

ユーザーが作成したい画像をイメージした指示文(プロンプト)を入力します。プロンプトには、作成したい画像の説明や場所、スタイルなどを含めることができます。

2.テキストを解析する

Bing AIは、入力されたテキストを解析して、その意味やニュアンスを理解します。また、テキストに含まれるキーワードやフレーズを抽出して、それらが表す概念やカテゴリーを特定します。

3.画像を生成する

Bing AIは、テキストの解析結果に基づいて、テキストに一致するような画像を生成します。生成される画像は4枚で、それぞれ異なるバリエーションや角度を持ちます。

4.画像をカスタマイズする

ユーザーは、生成された4枚の画像の中から好みのものを選んで、カスタマイズすることができます。カスタマイズできる項目は以下の通りです。
サイズ:画像のサイズを変更することができます。
形式:画像の形式を変更することができます。JPEGやPNGなどの一般的な形式だけでなく、SVGやGIFなどの特殊な形式も選択できます。
色:画像の色調や彩度を変更することができます。
フィルター:画像にフィルターをかけることができます。モノクロやセピアなどの基本的なフィルターだけでなく、アートやコミックなどのクリエイティブなフィルターも選択できます。
テキスト:画像にテキストを追加することができます。テキストの内容やフォントやサイズや色や位置や角度などを調整できます。

5.画像を保存する

カスタマイズした画像を保存することができます。保存した画像は、Bing Image Creatorの履歴にも残ります。

メリット

Bing AIの画像生成機能は、テキストから画像を生成することができるという点で、以下のようなメリットがあります。

クリエイティブな画像を作成できる

Bing AIの画像生成機能は、テキストに含まれる情報やニュアンスを理解して、それに応じた画像を作成します。
そのため、ユーザーのイメージやアイデアを具現化することができます。また、想像力や創造力を刺激するような、斬新な画像も作成できます。

簡単に画像を作成できる

Bing AIの画像生成機能は、テキストを入力するだけで、4枚の画像を生成します。そのため、複雑な操作や設定は必要ありません。また、カスタマイズも簡単に行えます。

時間やコストを節約できる

Bing AIの画像生成機能は、高速かつ高品質に画像を生成します。そのため、自分で画像を作成したり、外部のサービスに依頼したりするよりも、時間やコストを節約できます。

スポンサーリンク
 

Bing AIの画像生成機能の活用例や注意点は何か

Bing AIの画像生成機能は、さまざまなシーンで活用できます。以下に、いくつかの活用例や注意点を紹介します。

活用例

Bing AIの画像生成機能は、以下のようなシーンで活用できます。

ブログやSNSの投稿に使う画像を作成する

ブログやSNSの投稿には、文章だけでなく、画像も重要です。しかし、自分で撮影したり、ライセンスフリーの素材を探したりするのは大変です。
そこで、Bing AIの画像生成機能を使えば、投稿内容に合ったオリジナルの画像を簡単に作成できます。

プレゼンテーションやレポートに使う画像を作成する

プレゼンテーションやレポートには、文章だけでなく、図表やイラストなどの視覚的な要素も必要です。しかし、自分で作図したり、適切な素材を見つけたりするのは難しいです。
そこで、Bing AIの画像生成機能を使えば、プレゼンテーションやレポートの内容に沿ったわかりやすい画像を簡単に作成できます。

趣味や娯楽として楽しむ

Bing AIの画像生成機能は、テキストから想像力豊かな画像を作成することができます。
そのため、趣味や娯楽としても楽しむことができます。例えば、「猫と一緒にピクニックする女性」や「宇宙船から見た地球」などといったテキストから、面白い画像を作成してみることができます。

注意点

Bing AIの画像生成機能は、非常に便利なツールですが、以下のような注意点もあります。

画像の品質や正確さには限界がある

Bing AIの画像生成機能は、テキストから画像を生成することができますが、その品質や正確さには限界があります。
生成された画像は、テキストに一致するように調整されますが、必ずしも現実に忠実なものではありません。また、テキストに曖昧さや矛盾がある場合、生成された画像もそれに影響されます。
そのため、生成された画像をそのまま信用したり、利用したりするのは避けるべきです。

画像の著作権や倫理には注意する

Bing AIの画像生成機能は、オリジナルの画像を作成することができますが、その著作権や倫理には注意する必要があります。
生成された画像は、Microsoftのサービス利用規約に従って利用することができますが、それ以外の目的で利用する場合は、事前にMicrosoftに連絡する必要があります。
また、生成された画像には、人物や動物などの生き物や感情を表す要素が含まれる場合があります。その場合は、その生き物や感情を尊重して、不適切な利用や加工をしないようにしましょう。

以下のリンクでBing AIが描くイラストの著作権と商用利用の注意点をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing AIが描くイラストの著作権と商用利用の注意点【Bing Image Creator】

スポンサーリンク
 

まとめ

Bing AIとその画像生成機能について知っておきたいことを解説しました。
Bing AIの画像生成機能は、テキストから画像を生成することができる非常に革新的な技術です。
この機能を使えば、さまざまなシーンでクリエイティブな画像を作成できます。しかし、その一方で、画像の品質や正確さや著作権や倫理などにも注意する必要があります。
Bing AIの画像生成機能を使う際は、これらの点を念頭に置いて、楽しく便利に活用しましょう。

Bing Image Creatorサイトページへはこちら

以下のリンクでBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

以下のリンクでMicrosoft Edge Copilotの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》