Microsoft Loopについて徹底解説《始め方、使い方、特徴、注意点、使用例》

4月 16, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

Microsoft Loopについて徹底解説《始め方、使い方、特徴、注意点、使用例》
Microsoft Loopについて知りたい人
Microsoft Loopの始めたい、使いたい人向けに書いています。

本記事の内容

・Microsoft Loopについて解説
・Microsoft Loopの始め方、使い方、特徴、注意点、使用例

Microsoft Loopとは、プロジェクトのコラボレーションと情報整理を変革する新しいアプリです。
柔軟なキャンバスに、同期を保ちながらアプリ間を自由に移動できるコンポーネントを組み合わせることで、チームメンバーと自然につながり、創造的なアイデアを生み出せます。
このブログでは、Microsoft Loopの概要や特徴、3つの要素(ワークスペース、ページ、コンポーネント)について紹介します。

Microsoft Loopとは

Microsoft Loopは、インタラクティブなコンポーネントを提供するMicrosoft 365の新しいアプリです。
チームが一緒に考え、計画し、創造できるようにするもので、強力かつ柔軟なキャンバスにポータブルなコンポーネントを組み合わせたアプリです。
コンポーネントとは、同期を保ちながらMicrosoft 365のアプリ間を自由に移動できる小さなツールのことです。
例えば、チャットや会議、ドキュメントの中で、タスクリストやカレンダー、表などを使うことができます。

Loopコンポーネントを使用すると、チャットやメール、ドキュメントでタスクリストやテーブル、ノートなどを共同作業できます。
Loopコンポーネントは、共有されているすべての場所で同期を維持する移植可能なコンテンツです。

Loopコンポーネントの一例として、Loopテーブルがあります。
Loopテーブルを使用すると、共有した瞬間から更新することができ、他のメンバーにもリアルタイムで反映されます。
Loopテーブルは、Microsoft TeamsやOutlook、web用のWordなどのアプリで使うことができます。

Microsoft Loopは、プロジェクトのコラボレーションと情報整理の向上を可能にします。
Microsoft Loopは、以下の3つの要素で構成されています。

Loopコンポーネント

タスクリストやカレンダー、表などがあります。
リスト、テーブル、メモなどの移動可能なコンテンツで、チャット、メール、ドキュメントなどで共有できます。
コンポーネントは常に同期されるので、最新の情報を見ることができます。
チャットや会議、ドキュメントの中で使える便利なツールです。

Loopページ

コラボレーションや創造性を高めるための自由なキャンバスです。
ページテンプレートやAIによるインテリジェントな提案を利用して、素早くプロジェクトを開始できます。
Loopアプリの柔軟なキャンバスで、コンポーネントやリンク、タスク、データなどをまとめることができます。
ページは小さく始めて大きくすることができます。

Loopワークスペース

プロジェクトに関するすべての要素を集めて整理する共有スペースで、メンバーの作業内容や進捗状況を把握することができます。
プロジェクトに必要なファイルやリンク、データなどを一つの場所に集めて整理できます。
メンバーそれぞれが何の作業をしているかを把握し、共通の目標に向けた進行状況を追跡できます。

Microsoft Loopは、離れていても一緒に作業することができるアプリです。
絵文字やGIFを使って自然につながります1。通知や変更の強調、状態ラベルなどの機能で、コラボレーションと進行状況確認を簡単にすることができます。

Microsoft Loopは2021年のMicrosoft Igniteイベントで発表され、現在Microsoft 365で展開されています。
Loopを使うには、https://loop.microsoft.comにアクセスするか、AndroidやiOS用のLoopモバイルアプリをダウンロードする必要があります。
Microsoft LoopへのWebページはこちら

Microsoft Loopは、チームワークを効率的かつ楽しくするための新しい方法です。
ぜひお試しください。


 

Microsoft Loopの開発背景

Microsoft Loopは、現在はかつてないほど曖昧で不確実な時代であり、変化の激しい環境下での共同作業が求められているという認識のもとに開発されました。
Microsoft Loopの中心は人であり、場所やツールに関係なく、簡単に仲間と連携して何かを創り出したいと考える人に主眼を置いています。

Microsoft Loopのコンセプト

Microsoft Loopのコンセプトは、さまざまなツールやデバイス上のチーム、コンテンツ、タスクを結び付ける、革新的な共同作成エクスペリエンスを提供することです。

Microsoft Loopは、チームが一緒に考える、計画する、創り出すことを支援するアプリです。
絵文字やGIFを使って自然につながります。
通知や変更の強調、状態ラベルなどの機能で、コラボレーションと進行状況確認を簡単にすることができます。


 

Microsoft Loopの特徴

Microsoft Loopの特徴は、以下の3点です。

離れていても、一緒に作業できる

共同で創造し、互いのアイデアを生かし、ちょっとした個性を加えることができます。
まったく新しい方法での共同作業を可能にするLoopは、ハイブリッドの世界のために設計されています。

すべてを1つの場所で見る

プロジェクトに必要なもの、たとえばファイル、リンク、他のアプリからのデータを、1つのワークスペースに集めて整理します。
チャット、会議、またはドキュメントの中での作業を、ポータブルなコンポーネントを使って行います。
コンポーネントは常に最新の状態に維持されます。

同期を維持し、順調に進める

Loopなら、途中からの参加でもそれまでの経過がわかり、先に進むことができます。
絵文字やGIFを使って自然につながります。
コラボレーションと進行状況確認を簡単にするための機能として、通知、変更の強調、状態ラベル、タスクリストがあります。


 

Microsoft Loopの主な機能

Microsoft Loopの主な機能は、以下の3つです。

Loop workspaces(ループワークスペース)

プロジェクトの重要な情報を集約した共有スペースです。
プロジェクトに関するすべての要素を集めて整理する共有スペースで、メンバーの作業内容や進捗状況を把握することができます。
複数人が同時に作業を行うことができ、情報のグループ化も可能なため、全体の整理から個々人の進捗管理まで行うことができます。
プロジェクトに必要なファイルやリンク、データなどを一つの場所に集めて整理できます。
メンバーそれぞれが何の作業をしているかを把握し、共通の目標に向けた進行状況を追跡できます。
テンプレートやAIによるインテリジェントな提案を利用して、素早くプロジェクトを開始できます。

Loop pages(ループページ)

ループページは、ループアプリのコラボレーションや創造性を高めるための自由で柔軟なキャンバスです。
ページテンプレートやAIによるインテリジェントな提案を利用して、素早くプロジェクトを開始できます。
Loopアプリのキャンバスで、ユーザーとコンポーネントやリンク、タスク、データなどをまとめることができます。
共同作業も可能なため、さまざまな情報を共有しながら、チーム内で一緒に作業を進めていくことが可能です。
拡張も可能なため、プロジェクトやタスクの大きさに合わせて、柔軟なアレンジができます。

Loop components(ループコンポーネント)

ループコンポーネントは、共有されているすべての場所で同期を維持する移植可能なコンテンツです。
タスクリストやテーブル、メモ、カレンダー、表などがあります。
リスト、テーブル、メモなどの移動可能なコンテンツで、チャット、メール、ドキュメントなどで共有できます。
コンポーネントは常に同期されるので、最新の情報を見ることができます。
チャットや会議、ドキュメントの中で使える便利なツールです。
Microsoft TeamsやOutlook、web用のWordなどのアプリで使うことができます。


 

Microsoft Loopのメリット

Microsoft Loopのメリットは、以下の3点です。

業務に関する情報の一元管理

Microsoft Loopでは、プロジェクトに必要なファイルやリンク、他のアプリからのデータなどを、1つのワークスペースやページに集約し整理することができます。
これにより、情報の散逸や重複を防ぎ、プロジェクトの全体像や進捗状況を把握しやすくなります。

柔軟で効率的な共同作業

Microsoft Loopでは、コンポーネントと呼ばれる移植可能なコンテンツを使って、チーム内で情報を共有しながら作業を行うことができます。
コンポーネントはMicrosoft TeamsやOutlookなどのアプリで使えるため、アプリ間の移動をなくしてスムーズに連携できます。
また、コンポーネントは常に最新の状態に維持されるため、同期の問題もありません。

自然で楽しいコミュニケーション

Microsoft Loopでは、絵文字やGIFなどを使って自然につながることができます。
また、通知や変更の強調、状態ラベルなどの機能を使って、コラボレーションと進行状況確認を簡単にすることができます。
これにより、離れていても一緒に作業している感覚を得られます。


 

Microsoft Loopの始め方

Microsoft Loopの始め方は、以下の手順で行うことができます。

ログイン方法

パソコンからログインする際は、Microsoft Loopの開始画面を開き、「開始する-無料です」ボタンをクリックします。
Microsoft LoopへのWebページはこちら

クリック後にメールアドレス、パスワードを入力してMicrosoftにサインインしましょう。
スマートフォンからログインする際は、AndroidやiOS用のループモバイルアプリをダウンロードして、メールアドレス、パスワードを入力してMicrosoftにサインインしましょう。

Microsoft Loopの使い方

Microsoft Loopの使い方は、以下の手順で行うことができます。

ワークスペース(共有場所)を作成・編集する

ワークスペースでは、プロジェクトに必要な情報を集約した共有スペースを作成・編集することができます。
ワークスペースの作成方法は以下の通りです。

ループアプリの左上にある**「+」アイコンをクリックして、「新しいワークスペース」を選択**します。
ワークスペースの名前や説明、テンプレートを入力して、「作成」ボタンをクリックします。
ワークスペースに参加させたいメンバーのメールアドレスを入力して、「招待」ボタンをクリックします。

ワークスペースの編集方法は以下の通りです。
編集したいワークスペースを選択して開きます。
右上にある**「設定」アイコンをクリックして、「詳細設定」を選択**します。
ワークスペースの名前や説明、テーマカラーなどを変更できます。変更したら、「保存」ボタンをクリックします。

ページへ情報入力する

ページでは、コンポーネントやファイルなどのデータを集約し整理することができます。
ページへ情報入力する方法は以下の通りです。

ページを作成したいワークスペースを選択して開きます。
左側にある**「+」アイコンをクリックして、「新しいページ」を選択**します。
ページの名前や説明を入力して、「作成」ボタンをクリックします。
ページ内でキャレット(点滅する縦棒)が表示されたら、テキストや絵文字などを入力できます。また、右上にある**「+」アイコンからコンポーネントやファイルなども追加できます**。

ループコンポーネントで共有する

ループコンポーネントでは、リストやテーブル、メモなどの移植可能なコンテンツを使って、Microsoft TeamsやOutlookなどのアプリで情報を共有することができます。ループコンポーネントで共有する方法は以下の通りです。

Microsoft Teamsで共有する場合

チャットやチャネルで**「+」アイコンをクリックして、「ループ」を選択**します。
新しいループコンポーネントを作成するか、既存のループコンポーネントを選択します。
ループコンポーネントの名前やタブ名を入力して、「保存」ボタンをクリックします。
ループコンポーネントがチャットやチャネルに表示されます。チャットやチャネルのメンバーと共同作業できます。

Outlookで共有する場合

新しいメールメッセージを作成します。
メッセージの本文部分で右クリックして、「ループ」を選択します。
新しいループコンポーネントを作成するか、既存のループコンポーネントを選択します。
ループコンポーネントがメールメッセージに埋め込まれます。メールの受信者と共同作業できます。


 

Microsoft Loopの使用例や事例

Microsoft Loopの使用例や事例は、以下のようなものがあります。

プロジェクト管理

Microsoft Loopでは、プロジェクトに必要なファイルやリンク、他のアプリからのデータなどを、1つのワークスペースやページに集約し整理することができます。
これにより、プロジェクトの全体像や進捗状況を把握しやすくなります。
例えば、新製品の開発プロジェクトでは、以下のような情報をMicrosoft Loopで管理できます。
・プロジェクトの目的や概要
・プロジェクトメンバーの役割や連絡先
・プロジェクトのスケジュールやタスクリスト
・プロジェクトに関連するファイルやリンク
・プロジェクトに関するメモやアイデア
・プロジェクトに関するフィードバックやコメント

共同作業

Microsoft Loopでは、コンポーネントと呼ばれる移植可能なコンテンツを使って、チーム内で情報を共有しながら作業を行うことができます。
コンポーネントはMicrosoft TeamsやOutlookなどのアプリで使えるため、アプリ間の移動をなくしてスムーズに連携できます。
また、コンポーネントは常に最新の状態に維持されるため、同期の問題もありません。
例えば、社内ニュースレターの作成では、以下のようなコンポーネントをMicrosoft Loopで共有できます。
・ニュースレターのテーマや内容
・ニュースレターに掲載する記事や画像
・ニュースレターのレイアウトやデザイン
・ニュースレターへの寄稿や校正
・ニュースレターへのフィードバックやコメント

コミュニケーション

Microsoft Loopでは、絵文字やGIFなどを使って自然につながることができます。
また、通知や変更の強調、状態ラベルなどの機能を使って、コラボレーションと進行状況確認を簡単にすることができます。
これにより、離れていても一緒に作業している感覚を得られます。
例えば、社内イベントの企画では、以下のようなコミュニケーションをMicrosoft Loopで行えます2。

・イベントの目的やテーマ
イベントの目的やテーマに関するアイデアや意見を共有します。
絵文字やGIFを使って気分を表現したり、投票やアンケートを使って決定を下したりします。

・イベントの日程や予算
イベントの日程や予算に関する情報や提案を共有します。
カレンダーやテーブルなどのコンポーネントを使って、スケジュールやコストを管理します。

・イベントの内容や準備
イベントの内容や準備に関する情報やタスクを共有します。
チェックリストやタスクリストなどのコンポーネントを使って、担当者や期限を割り当てます。
通知や変更の強調などの機能を使って、進行状況や問題点を確認します。

・イベントの評価や反省
イベントの評価や反省に関する情報やフィードバックを共有します。
メモやコメントなどのコンポーネントを使って、感想や改善点を記録します。
状態ラベルなどの機能を使って、次回のイベントに向けたアクションプランを作成します。

以上がMicrosoft Loopの使用例や事例です。


 

Microsoft Loopで解決できる課題

Microsoft Loopで解決できる課題は、以下のようなものがあります。

情報の散逸や重複

プロジェクトを進める際に、情報がばらばらに管理されていると、必要な情報を探すのに時間がかかったり、古い情報に基づいて作業したりすることがあります。
また、同じ情報が複数の場所に保存されていると、データの整合性や一貫性が失われたり、ストレージの無駄になったりすることがあります。
Microsoft Loopでは、プロジェクトに必要なファイルやリンク、他のアプリからのデータなどを、1つのワークスペースやページに集約し整理することができます。
これにより、情報の散逸や重複を防ぎ、プロジェクトの全体像や進捗状況を把握しやすくなります。

アプリ間の移動や同期

チームで共同作業をする際に、Microsoft TeamsやOutlookなどのアプリを使うことが多いと思います。
しかし、アプリ間で情報を共有するためには、アプリを切り替えたり、ファイルを添付したり、リンクを貼ったりする必要があります。
また、アプリ間で情報が同期されていないと、最新の状態に基づいて作業できなかったり、誤解や混乱が生じたりすることがあります。
Microsoft Loopでは、コンポーネントと呼ばれる移植可能なコンテンツを使って、チーム内で情報を共有しながら作業を行うことができます。コンポーネントはMicrosoft TeamsやOutlookなどのアプリで使えるため、アプリ間の移動をなくしてスムーズに連携できます。
また、コンポーネントは常に最新の状態に維持されるため、同期の問題もありません。

離れているメンバーとのつながり

ハイブリッドワークやリモートワークが増える中で、チームメンバーとのコミュニケーションは重要です。
しかし、離れているメンバーとは感覚的につながりにくかったり、作業している雰囲気が伝わりにくかったりすることがあります。
Microsoft Loopでは、絵文字やGIFなどを使って自然につながることができます。
また、通知や変更の強調、状態ラベルなどの機能を使って、コラボレーションと進行状況確認を簡単にすることができます。
これにより、離れていても一緒に作業している感覚を得られます。

以上がMicrosoft Loopで解決できる課題です。


 

Microsoft Loopの注意点

Microsoft Loopの注意点は、以下のようなものがあります。

管理者によるポリシー管理設定

Microsoft Loopを組織内で使用するためには、初期設定として管理者によるポリシー管理設定が必要です。
管理者は、Microsoft 365 管理センターから、LoopをサポートするアプリやLoopファイルの作成と表示などの機能を有効または無効にすることができます。
また、設定の反映までには最大24時間かかることがあります。

個人用アカウントの制限

Microsoft Loopは現在パブリックプレビュー版であり、個人用アカウントでは一部の機能が制限されています。
たとえば、個人用アカウントでは、LoopワークスペースやLoopページを作成できません。
また、Microsoft CopilotというAIによるノート作成のサポート機能もまだ実装されていません。

既知の問題やバグ

Microsoft Loopはまだ開発中のアプリであり、いくつかの既知の問題やバグがあります。
たとえば、ループワークスペースとページを保存できない場合や、アクセス権のない人にリンクを知らせてもエラー表示される場合などがあります。
Microsoftは問題を特定して修正する際に、サポートページを最新の状態に保つように取り組んでいます。

Copilot機能はまだ使えない

補助的な作業をしてくれるAIのCopilot機能もあるようですが、現在はまだ使用できないようです。
設定の試験的機能画面のところにでオン・オフする項目はあるのですが、操作できないようになっていました。
以下の赤枠部分でグレーアウトされていました。(2023年4月15日時点)
Microsoft LoopのCopilot設定画面


 

Microsoft LoopとNotionの違い

Microsoft LoopとNotionは、どちらも見出しや表、リスト、テーブルなどを使ってページを作成し、階層管理できるドキュメントアプリです。
また、複数のメンバーで共同編集や@メンションなどのコラボレーション機能も備えています。

しかし、Microsoft LoopとNotionの大きな違いは、ページやその一部を「コンポーネント」と呼ばれる部品化されたデータに設定し、他のMicrosoft 365アプリと連携できることです。
たとえば、OutlookのメールやTeamsのチャットにLoopコンポーネントを埋め込むと、そのデータはリアルタイムで更新され、双方向・非同期で共有できます。
これにより、情報の一貫性や生産性が向上します。

一方、Notionはデータベースに関する機能が豊富で、テーブルの見た目をボードビューやカレンダービューなどに切り替えられたり、Notion AIというAI搭載のシステムでページ内容を生成したりすることができます。
しかし、Notionはメンバー全員に使いこなしを求めるのは難しく、通知の種類が多すぎることもあります。

つまり、Microsoft Loopはシンプルなコラボレート機能による一点突破で、Microsoft 365アプリとの連携が強みです。
Notionはオールインワンワークスペースとして多機能ですが、使い方が複雑であることが弱点です。


 

まとめ

Microsoft Loopは、プロジェクトのコラボレーションと情報整理を変革する新しいアプリです。
柔軟なキャンバスに、同期を保ちながらアプリ間を自由に移動できるコンポーネントを組み合わせることで、チームメンバーと自然につながり、創造的なアイデアを生み出せます。
AIやテンプレートなどの機能も利用でき、ハイブリッドな働き方にも対応します。
このブログでは、Microsoft Loopの概要や特徴、3つの要素(ワークスペース、ページ、コンポーネント)について紹介しました。
Microsoft Loopを使って、一緒に考え、計画し、創造しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

以下のリンクでMicrosoft Edge Copilotの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》