Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《テキストからAIで画像生成が可能!特徴・注意点も解説》

7月 8, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

Bing Image Creatorについて徹底解説《始め方・使い方・特徴・課題・注意点》
Bing Image Creatorについて知りたい人
Bing Image Creatorの始め方、使い方を知りたい人向けに書いています。

本記事の内容

・Bing Image Creatorの紹介
・Bing Image Creatorの始め方、使い方

Bing Image Creatorという素晴らしいツールについて紹介します。
Bing Image Creatorは、チャットボックスに簡単なリクエストを入力するだけで、あなたの好きな画像を作成してくれる魔法のようなツールです。
例えば、「猫と犬が仲良くしている画像」や「宇宙船が地球を飛び出す画像」など、あなたの想像力の限界に挑戦してみましょう。
Bing Image Creatorは、人工知能の技術を使って、あなたのリクエストに応じたオリジナルの画像を生成します。
画像は高品質で、自由にダウンロードや共有ができます。
Bing Image Creatorは、誰でも簡単に使える無料のツールです。
このブログでは、Bing Image Creatorの概要や始め方、使い方について詳しく解説していきます。

英文のサイトですが以下のMicrosoftブログでもBing Image Creatorについて紹介されています。
Bing Image CreatorについてのMicrosoftブログへはこちら

Bing Image Creatorとは(概要)

Bing Image Creatorとは、Microsoftが提供するAI画像生成ツールです。
インターネットに接続されたパソコンやスマートフォンから、文字(テキスト)を入力するだけで簡単に画像を作成できます。
Bing Image Creatorは、自然言語で入力した内容に基づいて、オリジナルの画像を作成してくれます。
Bing Image Creatorは、OpenAIが開発した画像生成モデル「DALL-E」の新バージョンを搭載しており、高品質で多様な画像を生成することができます。

Bing Image Creatorは、個人の非商業目的であれば自由に使用できます。
ただし、生成された画像は一意でない可能性があり、他のユーザーと同じか類似の画像が生成される場合があります。
また、現在は英語のみ対応しており、日本語で入力するとエラーになります。

Bing Image Creatorは、誰でも簡単に画像を作成できるツールです。
ブログやSNSなどにオリジナルの画像を投稿したい方におすすめです。
Bing Image Creatorを使ってみたい方は、以下のリンクからアクセスしてください。
Bing Image Creatorページへはこちら

YouTubeのBing公式チャンネルでも紹介されています。

Bing Image Creatorのヘルプページ(よくある質問)も用意されています。
Bing Image Creatorヘルプページへはこちら

以下のリンクでBing AIとその画像生成機能について解説しています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing AIとその画像生成機能について知っておきたいこと《Bing Image Creatorについて》


 

Bing Image Creatorの特徴

簡単操作

チャットボックスに簡単なリクエストを入力するだけで、画像が生成されます。
例えば、「Picture of a boy taking a picture with a castle and cherry blossoms in Japan(日本の城と桜で記念撮影しているで記念撮影している画像)」や「Illustration of a dog resting by a river(犬が川辺で休憩しているイラスト)」など、あなたの思いつくものなら何でも作れます。
以下のように出力されます。
日本の城と桜で記念撮影しているで記念撮影している画像

犬が川辺で休憩しているイラスト

高品質

生成された画像は高品質で、リアルで美しいです。
画像は自動的に最適なサイズや解像度に調整されます。
また、画像には水印やロゴなどが入りませんので、自由にダウンロードや共有ができます。

人工知能

Bing Image Creatorは、人工知能の技術を使って、あなたのリクエストに応じたオリジナルの画像を生成します。
人工知能は、インターネット上の膨大な画像データから学習して、あなたのリクエストに合った画像を作り出します。
人工知能は常に進化しており、より多様でクリエイティブな画像を提供します。

無料で使用できる

Bing Image Creatorは、誰でも簡単に使える無料のツールです。
あなたが必要とするのは、インターネットに接続されたデバイスと、想像力だけです。


 

Bing Image Creatorの課題・注意点

英語のみ対応→現在は日本語にも対応

Bing Image Creatorは、現在英語のみに対応しています。
日本語で質問すると、画像が生成されません。
日本語で質問してみると以下のように返答が返ってきます。
Bing Image Creatorで日本語入力した場合

現在は日本語にも対応にも対応しています。2023年4月28日から日本語対応しているようです。
「象に乗っている子供のイラスト」と入力すると、以下のように入力すると画像が出力されました。
Bing Image Creatorで象に乗っている子供のイラスト生成

生成速度制限

Bing Image Creatorは、無料で利用できますが、生成速度に制限があります。
画面右上にある「ブースト」という数字が、生成速度を早くできる回数を表しています。
Bing Image Creatorのブースト生成可能残回数
上記の画像の場合、あと19回ブースト画像生成できます。
最初は10となっており、使用するごとに1ずつ減ります。
ブーストが0になると、画像生成スピードが1枚につき45秒に低下します。
ブーストは週単位で補充されるか、Microsoft Rewardsのポイントを使って追加することができます。
Microsoft Rewardsについて知りたい方はこちら(Microsoft公式ページ)
Microsoft Rewardsを始めたい方はこちら(Microsoft公式ページ)

作成物は一意でない可能性がある

Bing Image Creatorは、オンラインサービスの性質上、作成物はユーザーごとに一意でない場合があります。
つまり、同じ質問をしたユーザーに対して同じか類似の画像を生成する可能性があります。
また、他のユーザーが作成した画像と重複する可能性もあります。
そのため、Bing Image Creatorで生成した画像をオリジナルとして主張することはできません。


 

Bing Image Creatorの応用例

ブログやSNSの投稿に画像を添えたいとき

ブログやSNSの投稿には、画像を添えると、読者の興味を引きやすくなります。
しかし、自分で撮影したり、著作権フリーの画像を探したりするのは、時間や手間がかかります。
そんなときは、Bing Image Creatorを使って、投稿内容に合った画像を簡単に作成できます。
例えば、「春のおすすめレシピ」という投稿には、「春野菜とチーズのグラタン」というキーワードで画像を生成すれば、美味しそうなグラタンの画像が出来上がります。

プレゼンテーションやレポートに画像を挿入したいとき

プレゼンテーションやレポートには、画像を挿入すると、視覚的に伝えやすくなります。
しかし、自分で作図したり、適切な画像を見つけたりするのは、スキルや知識が必要です。
そんなときは、Bing Image Creatorを使って、テーマや内容に合った画像を素早く作成できます。
例えば、「人工知能の最新動向」というプレゼンテーションには、「人工知能と人間の協働」というテキストで画像を生成すれば、人工知能と人間が共同作業しているような画像が出来上がります。

クリエイティブなアイデアを思いつきたいとき

Bing Image Creatorは、クリエイティブなアイデアを思いつくのにも役立ちます。
例えば、「小説のタイトル」というキーワードで画像を生成すれば、様々な小説のタイトルが描かれた画像が生成されます。
これらの画像からインスピレーションを得て、自分の小説のタイトルを考えることができます。
また、「ロゴデザイン」というキーワードで画像を生成すれば、様々なロゴデザインが描かれた画像が生成されます。
これらの画像から参考にして、自分のロゴデザインを作ることができます。


 

Bing Image Creatorの始め方

Bing Image Creatorを使用するのはMicrosoftアカウントが必要です。
Microsoftアカウントの作成方法を知りたい方はこちら
以下のページから始めることができます。
Bing Image Creatorページへはこちら

また、Bing AIチャットにもBing Image Creatorの機能が備わっています。
Bing AIチャットを使うには、まずBing AIの順番待ち登録をする必要があります。
Bing AIは、検索やチャットなどの機能を提供する新しいBingのサービスです。
順番待ち登録は、以下のURLから行えます。Microsoftアカウントが必要です。
→「Bing AIの順番待ち登録はこちら
Bing AIの始め方・使い方は以下の記事でも紹介しています。もしよろしければこちらもご覧ください。
【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

登録後、メールで招待が届くまでしばらく待ちます。
招待が届いたら、メールに記載されたURLからBing AIページにアクセスします。
Bing AIの画像(Images)タブ画面右上にある「画像作成者(Image Creator)」ボタンをクリックすると、Bing Image Creatorのページに移動できます。
Bing Image Creatorページへはこちら


 

Bing Image Creatorの使い方・操作方法

Bing Image Creatorの使い方はとても簡単です。
使い方は以下の手順です。
1.Bing Image Creatorページにアクセスします。
Bingのホーム画面からもアクセス可能です。手順は以下の通りです。
①Bingのホーム画面「https://www.bing.com/?cc=jp」にアクセスする
②画像タブをクリックする
Bingホーム画面:画像検索へ
③「画像作成者(Image Creator)」ボタンをクリックする
Bingホーム画面:Bing Image Creatorへ

2.画面上部の検索窓に、描いてほしい画像の説明を英語で入力します。
Bing Image Creator画面で入力

例えば、「少年がギターを弾いている絵を描いてください」と入力すると、以下のような画像が生成されます。
Bing Image Creator画面入力例:少年がギターを弾いている絵

画像の説明には、絵のタッチやアートスタイルを指定することもできます。
例えば、「ゴッホ風に夕日を描いてください」と入力すると、以下のような画像が生成されます。
Bing Image Creator画面入力例:ゴッホ風の夕日

Bing Image Creatorの検索窓の入力(プロンプト)を考えるのは少しハードルが高いかもしれません。
作成したい似ているテイストの画像を探してプロンプトを取得できるサイトがあります。
以下のサイトから取得することができます。
Prompt Huntの公式サイトはこちら
KREAの公式サイトはこちら


 

Bing Image CreatorはMicrosoft Edgeのサイドバーからも使用できる

Microsoft EdgeのサイドバーからでもBing Image Creatorが使用可能です。
以下のようにMicrosoft Edgeの右側(赤枠部分)にBing Image Creatorのアイコンがあります。
Microsoft EdgeのサイドバーのBing Image Creatorアイコン

Bing Image Creatorのアイコンをクリックすると以下(赤枠部分)のようにBing Image Creatorの画面がMicrosoft Egdeの右側に表示されます。
Microsoft EdgeのサイドバーのBing Image Creator

赤枠部分に生成したい画像の内容を入力して作成ボタンを押すと生成されます。
Microsoft EdgeサイドバーのImaze Creatorから画像生成

Microsoft Edgeのサイドバーには他にもAIチャット等のMicrosoft Edge Copilot機能があります。
詳しい内容は以下のリンクで書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》


 

まとめ

Bing Image Creatorは、マイクロソフトの画像生成AIで、OpenAIの「DALL・E 2」を採用しています。
本記事では、このツールの始め方・使い方や効果的なプロンプトの例、注意点やよくある質問について解説しました。
Bing Image Creatorは、英語だけでなく日本語にも対応しており、Microsoftアカウントがあれば無料で利用できます。
文章を入力するだけで、さまざまな画像を生成することができます。
ただし、著作権や倫理などの問題には十分注意する必要があります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

以下のリンクでMicrosoft Edge Copilotの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》

以下のリンクでChatGPTの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【ChatGPT】始め方・登録(アカウント作成)方法、ログイン方法を解説《画像付き》

以下のリンクでOpenAIのアカウント作成・ログイン・APIキー発行方法をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「OpenAIのAPIキー発行方法を解説《ChatGPTのAPI利用開始!「gpt-3.5-turbo」について》

他にも
ハイブリッドワークにおすすめ便利・快適アイテム」
オフィスワーカーがすべきWindowsPC設定
【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》
【Amazon定期おトク便】おすすめ商品《日用品・食品・子育て用品》
も紹介していますので、もしよろしければこちらもご覧ください。

Office 365 サービス