チャイルドシートのメーカー毎の特徴~アップリカ、コンビ、エールベベ~

2月 26, 2022

 

これから出産を迎える人

車を持っていてこれからチャイルドシートを買おうと思っている人

チャイルドシートのメーカー毎の違いがわからない人に向けに書いています。

 

 本記事の内容

・チャイルドシートの上位機種のメーカー毎の違い

・チャイルドシートの上位機種の特徴

を紹介します。

 

チャイルドシートを購入しようと思っており、どれを購入しようか迷っていませんか?

チャイルドシートのメーカー、特徴がよくわかっておらず、これから知りたいと思っていませんか?

チャイルドシートのメーカー毎の上位機種の特徴をを紹介します。

 

もしよければ御覧ください。

 

 

チャイルドシートの各メーカーの特徴について

3つのメーカーの上位機種のチャイルドシートについて紹介します。

Aprica(アップリカ)、COMBI(コンビ)、AILEBEBE(エールベベ)についてです。

どのメーカーも安全性、快適性を追求され、保証されています。

・回転式シート

・リクライニング

以下でそれぞれの特徴について説明します。

 

Aprica(アップリカ) ~フラディアグロウ isofix 360°セーフティープレミアム~

フラディアグロウはベッド型の最新モデルです。

アップリカのチャイルドシートの特徴はベッド型になり、フラットの形になることです。

 

アップリカは長年ベッド型のチャイルドシートを手掛けており、大きな需要があります。

フラディアはアップリカ伝統のフラットになるベッド型を採用しており、自然な姿勢を確保でき、ストレスのない車移動が可能となっております。

赤ちゃんには自然な寝姿勢でゆっくりと寝て過ごすことができるため、快適な乗車が可能となります。

家と車移動との差をなるべくなくしたいという考えがアップリカのチャイルドシートには随所に見受けられます。

【ママ割でさらに ポイントUP!】【4年保証】チャイルドシート アップリカ フラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティー プレミアム AB/ アイソフィックス 回転式 SoDo

楽天で購入

 

 

 

COMBI(コンビ) ~コンビ ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750~

安全、快適、カンタンを兼ね備えた、究極のベッド型チャイルドシートです。

「3層サイドプロテクション」「トラス構造&クラッシャブル構造」「エッグショック」で360°全方位しっかり守ります。

 

COMBI(コンビ)のチャイルドシートの特徴は土台のベース部と上部のシートがセパレート構造になっており、分けて取り付けることが可能で取り付けが楽なことです。

ベースとシートが2つに分かれるセパレート構造は、軽くてママでもカンタンに取付けられ、お手入れもラクラクです。

コンパクトな、向き合えるベッド型は、車内もひろびろです。

 

また、イージームーブレストでスクスク成長する赤ちゃんの頭の位置や身長に合わせて、ヘッドガードは8段階調節できるので、安心してゆったりくつろげるようになっています。

 

AILEBEBE(エールベベ) ~クルット6i グランス~

安全性と快適性を追求した赤ちゃんもママ・パパも喜ぶチャイルドシートです。

 

側面からの安全性を大きく進化させて合計90mmのWサイドセーフティー構造(2層衝撃吸収クッション50mm+衝撃吸収材40mm)を採用しています。

 

頭部の大きなサイドガードで赤ちゃんをすっぽり包み込み頭部をしっかりガードします(ビックサイドガード)。万一の事故の際、窓ガラスの飛散物から赤ちゃんを守ります。

 

強い衝撃が加わると背もたれの角度が変化し、赤ちゃんへの衝撃を緩和するエールベベ独自の安全機構になっています(衝撃吸収ベビーキャッチ)。

 

通気性が高く、蒸れにくい構造の新素材「カルファイバー」を20mm厚で内包した背もたれカバーを搭載。

クッション性がある上に、透水・速乾性も高く、お洗濯が可能なため、いつでも清潔に保てます。

 

新生児期は寝かせる角度になるクッションを搭載(ママの手クッション“フラット2”)。

未熟な赤ちゃんの気道やお腹を圧迫しないように配慮しています。

 

大人の2~3倍汗をかくといわれる赤ちゃんのために、エアーホールでムレを軽減します(サラッとエアーホール)。

【3wayクッションプレゼント】エールベベ クルット6iグランス グランブラック/ブラウン/ネイビー カーメイトチャイルドシート【送料無料(北海道沖縄離島は配送不可)】

楽天で購入

 

 

 

まとめ

チャイルドシートのメーカー毎の上位機種の特徴をを紹介しました。

安全性、快適性はそのメーカーも高く、それぞれの大きな特徴を紹介しました。

ご購入の際に参考にしてみてください。

 
 

【おむつ用ゴミ箱】カートリッジ(カセット)を安く抑える方法について」も紹介していますので、もしよろしければ御覧ください。

子育て

Posted by J