無料でも使える「生成AI」で文章や画像作成に革命を起こそう!種類・特徴・メリット・デメリット・注意点・活用法を紹介

8月 14, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

無料でも使える「生成AI」で文章や画像作成に革命を起こそう!種類・特徴・メリット・デメリット・注意点・活用法を紹介
自分のビジネスや趣味に役立つ素晴らしいコンテンツを作成したいと思っていませんか?しかし、時間やスキルが足りないと感じているかもしれません。
そんなあなたに朗報です。無料で使える生成AI(ジェネレーティブAI)の紹介をします。生成AIとは、人工知能が自動的に文章や画像などのコンテンツを生成する技術のことです。生成AIを使うと、文章作成や画像作成にかかる時間や労力を大幅に削減できるだけでなく、新しいアイデアや表現方法を得ることもできます。
このブログでは、生成AIの最新情報や使い方をお伝えしています。この記事では、生成AIの中でも特に人気の高いものを厳選してご紹介します。あなたは、これらの生成AIを使って、簡単にオリジナルのコンテンツを作成することができます。それでは、どんな生成AIがあるのでしょうか?
記事の中で詳しく見ていきましょう。この記事を読むことで、あなたは以下のことができるようになります。

  • 生成AIの種類と特徴を理解する
  • 生成AIの使い方と注意点を知る
  • 生成AIを活用して自分の目的に合ったコンテンツを作成する

最後までお読みいただくと、あなたは生成AIのエキスパートになれるでしょう。それでは、さっそく始めましょう!

生成AI(ジェネレーティブAI)の種類と特徴

文章生成AI

文章生成AIとは、人工知能(AI)の一種で、人間が書いたかのような自然な文章を自動で生成することができる技術です。
文章生成AIは、インターネット上の膨大な量のテキストデータを学習しており、文章のテーマやキーワードなどを指定すると短時間でゼロから文章を作成することができます。

文章生成AIの主な特徴は以下の通りです。

  • 文章作成にかかる時間や労力を大幅に削減できる
  • 自分では思いつかなかったような新しいアイデアや表現方法を得られる
  • 誤字脱字や変換ミスなどの人的ミスを減らすことができる

文章生成AIを使えば、記事作成やメルマガ作成、プレスリリース作成などのビジネス文書から、小説や詩などのクリエイティブ作品まで、さまざまなジャンルの文章を作成することが可能です。
しかし、もちろん文章生成AIも完璧ではありません。文章の品質や精度にばらつきがあったり、間違った情報やコピーライトの問題が発生することもあります。そのため、文章生成 AI を使う際は注意点や活用法を把握しておく必要があります。

画像生成AI

画像生成AIとは、人工知能(AI)の一種で、人間が描いたかのような自然な画像を自動で生成することができる技術です。
画像生成 AI は、インターネット上の膨大な量の画像データを学習しており、画像のテーマやキーワードなどを指定すると短時間でゼロから画像を作成することができます。

画像生成AIの主な特徴は以下の通りです。

  • 画像作成にかかる時間や労力を大幅に削減できる
  • 自分では描けなかったような新しいアイデアや表現方法を得られる
  • 色や形などの細かい調整が不要になる

画像生成AIを使えば、イラストやロゴ、アイコンなどのデザインから、風景や動物、人物などの写真まで、さまざまなジャンルの画像を作成することが可能です。
しかし、やはり画像生成 AI も完璧ではありません。画像の品質や精度にばらつきがあったり、間違った情報やコピーライトの問題が発生することもあります。そのため、画像生成 AI を使う際は注意点や活用法を把握しておく必要があります。

 

生成AIのメリットとデメリット

生成AIは便利な技術ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

生成AIのメリット

以下では、生成 AI のメリットについて3つ紹介します。

人間が作成するのに時間や労力がかかるコンテンツを短時間で自動生成できる

生成AIの最大のメリットは、人間が作成するのに時間や労力がかかるコンテンツを短時間で自動生成できることです。
文章や画像は、内容や形式によっては人間が作成するのに数時間から数日かかることもあります。しかし、生成 AI を使えば、数分から数秒でコンテンツを作成することができます。これにより、作業の効率化やスピードアップを図ることができます。

人間では思いつかないような新しいアイデアや表現方法を提供できる

生成AIのもう一つのメリットは、人間では思いつかないような新しいアイデアや表現方法を提供できることです。
文章や画像は、人間の知識や経験に基づいて作成されますが、それには限界があります。しかし、生成AIはインターネット上の膨大な量のデータを学習しており、それには人間では想像もつかないような情報やパターンが含まれています。そのため、生成AIを使えば、オリジナルでユニークなコンテンツを作成することができます。

既存のコンテンツを改良したり、カスタマイズしたりできる

生成AIのさらにもう一つのメリットは、既存のコンテンツを改良したり、カスタマイズしたりできることです。
文章や画像は、人間が作成したものを生成AIに入力することで、内容や形式を変更したり、追加したり、削除したりすることができます。これにより、コンテンツの品質や魅力を高めたり、目的やニーズに合わせたりすることができます。

例えば、文章生成AIツールでは、既存の文章に対して、要約やリライト、翻訳などの機能を利用することができます。これにより、文章の長さや言語を変更したり、文章の表現やトーンを変更したりすることができます。
また、画像生成AIツールでは、既存の画像に対して、色や形などの変換や追加などの機能を利用することができます。これにより、画像の雰囲気やデザインを変更したり、画像に新しい要素を加えたりすることができます。

以上のように、生成AIは人間が作成するのに時間や労力がかかるコンテンツを短時間で自動生成できるだけでなく、人間では思いつかないような新しいアイデアや表現方法を提供できるだけでなく、既存のコンテンツを改良したり、カスタマイズしたりできるというメリットがあります。

生成AIのデメリット

生成AIは便利な技術ですが、デメリットもあります。以下では、生成AIのデメリットについて3つ紹介します。

品質や精度にばらつきがあったり、不自然なコンテンツを生成することがある

生成AIの最大のデメリットは、品質や精度にばらつきがあったり、不自然なコンテンツを生成することがあることです。
生成AIはインターネット上の膨大な量のデータを学習していますが、そのデータには誤った情報や不適切な内容も含まれています。そのため、生成 AI はそれらのデータに影響されてしまうことがあります。
また、生成AIは人間の感覚や論理性とは異なる方法でコンテンツを作成します。そのため、生成 AI は人間にとって不自然だったり意味不明だったりするコンテンツを作成することがあります。

例えば、文章生成AIツールでは、誤字脱字や文法ミスだけでなく、事実と異なる情報や矛盾する内容などを含む文章を生成することがあります。また、画像生成AIツールでは、色や形がおかしかったり、存在しないものや不適切なものなどを含む画像を生成することがあります。

以上のように、生成 AI は品質や精度にばらつきがあったり、不自然なコンテンツを生成することがあるというデメリットがあります。

間違った情報やコピーライトの問題が発生することがある

生成AIのもう一つのデメリットは、間違った情報やコピーライトの問題が発生することがあることです。
生成AIはインターネット上の膨大な量のデータを学習していますが、そのデータには正確でない情報や他人の著作物も含まれています。そのため、生成AIはそれらのデータを元にコンテンツを作成することで、法的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

例えば、文章生成AIツールでは、事実と異なる情報や誤解を招く情報などを含む文章を生成することで、信頼性や信用性を損ねたり、名誉毀損や虚偽告訴などの訴訟に巻き込まれたりすることがあります。
また、画像生成AIツールでは、他人の著作物や肖像権などを侵害する画像を生成することで、著作権や肖像権などの侵害による訴訟に巻き込まれたりすることがあります。

以上のように、生成AIは間違った情報やコピーライトの問題が発生することがあるというデメリットがあります。

人間のクリエイティビティや倫理観に影響を与えることがある

生成AIのさらにもう一つのデメリットは、人間のクリエイティビティや倫理観に影響を与えることがあることです。
生成AIは人間が作成するコンテンツを代替したり、超越したりすることができますが、それにはリスクもあります。生成AIに頼りすぎると、人間は自分で考えたり創造したりする能力を失ったり、自分の責任や判断力を失ったりする可能性があります。
また、生成AIは人間の倫理観や価値観とは異なる方法でコンテンツを作成します。そのため、生成AIは人間にとって不快だったり危険だったりするコンテンツを作成することがあります。

例えば、文章生成AIツールでは、人間に対して不適切な言葉や暴力的な内容などを含む文章を生成することがあります。また、画像生成 AI ツールでは、人間に対して不快な画像や違法な画像などを含む画像を生成することがあります。

以上のように、生成AIは人間のクリエイティビティや倫理観に影響を与えることがあるというデメリットがあります。

 

無料でも使える生成AIツール

文章生成AIツール

文章生成AIツールとは、文章生成AIの技術を利用して文章を作成することができるツールです。
文章生成 AI ツールには有料のものもありますが、無料でも使えるツールもあります。
以下では、無料でも使える文章生成 AI ツールの中から3つを紹介します。

ChatGPT

ChatGPTは、OpenAIという非営利団体が開発した対話型AIの一種です。
ChatGPTは、質問に対する回答をテキストとして生成することができます。ChatGPTは、インターネット上の膨大な量のテキストデータを学習しており、自然で流暢な文章を作成することができます。
ChatGPTの主な特徴は以下の通りです。

  • 質問に対する回答だけでなく、記事作成や小説作成なども可能
  • 様々なジャンルやトピックに対応できる
  • ユーモアも取り入れられる

ChatGPTを使うには、OpenAIのサイトにアクセスし、アカウントを作成します。その後、Playground というページに移動し、質問やプロンプトを入力すると回答や文章が生成されます。例えば、「今日の天気は?」と質問すると、「今日の天気は晴れです。気温は25度くらいでしょうか。風も弱くて快適ですね」という回答が返ってきます。

以下のリンクでChatGPTの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
【ChatGPT】始め方・登録(アカウント作成)方法、ログイン方法を解説《画像付き》

Bing AI

Bing AIは、Microsoftが開発した検索エンジン型のAIです。
OpenAIのGPT-4を用いた自然言語処理技術を用いており、ユーザーの質問を理解し、関連性の高い情報を提供する能力を持っています。Bing AIは、単なる検索エンジンではなく、チャット機能やコンテンツ生成機能も備えています。
例えば、旅行の計画やメールの下書き、トリビアクイズなど、さまざまな場面でBing AIに手伝ってもらうことができます。
Bing AIは、ウェブの副操縦士として、あなたの探索や創造をサポートしてくれます。
Bing AIの主な特徴は以下の通りです。

  • 検索エンジン型のAIであり、ユーザーの質問に対して関連性の高い情報を提供することができる
  • コンテンツ生成能力を持っており、ユーザーの要望に応じて、詩や物語、コード、エッセイ、歌、パロディなどの創造的なコンテンツを生成することができる
  • 3つの設定を持っており、バランス設定、クリエイティブ設定、プレシジョン設定のいずれかを選択することで、Bing AIチャットの性能や特徴を変えることができる
  • ウェブの副操縦士として、あなたの探索や創造をサポートしてくれる

Bing AIを使うには、Microsoftのサイトにアクセスし、Microsoftアカウントを作成します。
その後、Bing.comページに移動し、上部のチャットタブをクリックします。
画面下のプロンプト入力部分に質問やプロンプトを入力すると回答や文章が生成されます。

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

Transcope

Transcopeは、シェアモル株式会社が運営している AIライティングツールです。
TranscopeはSEOに強い文章を自動で生成することができるのが特徴で、獲得したいキーワードや参考にしたいサイトのURLを指定すれば自動で文章を作成することができます。Transcope の主な特徴は以下の通りです。

  • SEO ライティングに特化しており、検索エンジンに上位表示されやすい文章を作成できる
  • キーワードの選定や分析、競合サイトの調査なども自動で行ってくれる
  • 文章の品質やユニークさをチェックする機能も備えている

Transcopeを使うには、Transcopeのサイトにアクセスし、アカウントを作成します。その後、ライティングページに移動し、獲得したいキーワードや参考にしたいサイトのURLを入力すると文章が生成されます。
例えば、「生成 AI 無料」というキーワードとこの記事のURLを入力すると、「生成AIとは何か?無料で使えるツールの紹介」というタイトルと「生成AIとは、人工知能(AI)の一種で、人間が書いたかのような自然な文章や画像を自動で生成することができる技術です。生成AIを使うと、文章作成や画像作成にかかる時間や労力を大幅に削減できるだけでなく、新しいアイデアや表現方法を得ることもできます。しかし、生成AIにはメリットだけでなくデメリットもあります。また、無料で利用できるツールはどのようなものがあるのでしょうか?この記事では、以下の目次に沿って、生成AIの基本的な知識とメリットとデメリットと無料でも使えるツールをご紹介します。」という冒頭部分が生成されます。

Transcopeのサイトはこちら

Catchy




Catchyは、株式会社キャッチーが運営しているAIコピーライティングツールです。CatchyはSNSや広告などの短い文章を自動で生成することができるのが特徴で、目的やターゲットなどを指定すれば自動で文章を作成することができます。Catchy の主な特徴は以下の通りです。

  • SNS や広告などの短い文章に特化しており、読者の注意を引く文章を作成できる
  • 文章のトーンやスタイルを自由に選択できる
  • 文章の効果や改善点を分析する機能も備えている

Catchyを使うには、Catchyのサイトにアクセスし、アカウントを作成します。その後、コピーライティングページに移動し、目的やターゲットなどを入力すると文章が生成されます。
例えば、「生成 AI 無料」というキーワードでSNSの投稿文を作成すると、「生成AIって知っていますか?人間が書いたかのような文章や画像を自動で作ってくれるすごい技術です。しかも無料でも使えるツールがあるんですよ。詳しくはこちらからチェックしてみてくださいね」という文章が生成されます。

Catchyの公式サイトはこちらから

画像生成AIツール

画像生成AIツールとは、画像生成AIの技術を利用して画像を作成することができるツールです。
画像生成AIツールには有料のものもありますが、無料でも使えるツールもあります。
以下では、無料でも使える画像生成 AI ツールの中から2つを紹介します。

Stable Diffusion Online

Stable Diffusion Onlineは、Stability AIが開発した画像生成AIの一種です。
Stable Diffusion Onlineは、テキストやスケッチなどを入力するとそれに応じた画像を生成することができます。Stable Diffusion Onlineは、インターネット上の膨大な量の画像データを学習しており、自然でリアルな画像を作成することができます。
Stable Diffusion Onlineの主な特徴は以下の通りです。

  • テキストやスケッチだけでなく、音声や動画なども入力できる
  • 生成された画像の色や形などを細かく調整できる
  • 生成された画像を共有や保存できる

Stable Diffusion Onlineを使うには、Stable Diffusion Onlineのサイトにアクセスします。その後、Playgroundというページに移動し、テキストやスケッチなどを入力すると画像が生成されます。例えば、「赤いドレスを着た女性」というテキストを入力すると、赤いドレスを着た女性の画像が生成されます。

Stable Diffusion Onlineのサイトはこちら

Bing Image Creator

Bing Image Creatorは、Microsoft Bingが提供している画像生成AIツールです。
Bing Image Creatorは、テキストやキーワードを入力するとそれに応じた画像を生成することができます。Bing Image Creatorは、インターネット上の膨大な量の画像データを学習しており、自然でバラエティ豊かな画像を作成することができます。
Bing Image Creator の主な特徴は以下の通りです。

  • テキストやキーワードだけでなく、既存の画像に対しても変換や追加ができる
  • 生成された画像の品質やサイズを選択できる
  • 生成された画像を検索やダウンロードできる

Bing Image Creator を使うには、Bing のサイトにアクセスし、検索ボックスに「Bing Image Creator」と入力します。その後、出てきたページに移動し、テキストやキーワードなどを入力すると画像が生成されます。例えば、「生成 AI 無料」というキーワードを入力すると、生成 AI 無料に関連した画像が生成されます。

以下のリンクでBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》

 

無料でも使える生成AIツールの注意点と活用法

生成AIツールの注意点

無料でも使える生成AIツールは便利ですが、注意点もあります。
以下では、無料でも使える生成AIツールの注意点について2つ紹介します。

品質や精度にばらつきがあることがある

無料でも使える生成AIツールは、有料のものに比べて品質や精度にばらつきがあることがあります。生成された文章や画像が不自然だったり、意味が通じなかったり、誤った情報だったりすることもあります。そのため、無料でも使える生成 AI ツールを使う際は、必ず目視で確認したり、信頼できるソースと照らし合わせたりする必要があります。

間違った情報やコピーライトの問題が発生することがある

無料でも使える生成AIツールは、インターネット上の膨大な量のデータを学習していますが、そのデータには正確でない情報や他人の著作物も含まれています。そのため、無料でも使える生成 AI ツールで生成された文章や画像をそのまま利用すると、法的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。そのため、無料でも使える生成AIツールを使う際は、必ず出典や権利を確認したり、オリジナルの内容に変更したりする必要があります。

生成AIツールの活用法

無料でも使える生成AIツールは注意点もありますが、活用法もあります。
以下では、無料でも使える生成AIツールの活用法について2つ紹介します。

時短やアイデア出しに利用する

無料でも使える生成AIツールは、文章や画像を作成する際に時間や労力を大幅に削減できるというメリットがあります。また、自分では思いつかなかったような新しいアイデアや表現方法を得られるというメリットもあります。そのため、無料でも使える生成AIツールを時短やアイデア出しのツールとして利用することができます。
例えば、記事作成や小説作成などの場合、文章生成AIツールでタイトルや冒頭部分を生成してみたり、画像生成AIツールでイメージ画像を生成してみたりすることで、インスピレーションを得ることができます。もちろん、生成された文章や画像はそのまま利用せずに手直しやチェックをする必要がありますが、作業の効率化やクオリティの向上に役立つことができます。

手直しやチェックをする

無料でも使える生成AIツールは、品質や精度にばらつきがあったり、間違った情報やコピーライトの問題が発生することもあるというデメリットがあります。しかし、このデメリットを逆手に取って、手直しやチェックのスキルを向上させることもできます。
例えば、文章生成AIツールで生成された文章に対して、誤字脱字や文法ミスなどを修正したり、意味や論理性などを検証したりすることで、自分の文章力を高めることができます。また、画像生成AIツールで生成された画像に対して、色や形などを調整したり、出典や権利などを確認したりすることで、自分の画像力を高めることができます。もちろん、手直しやチェックだけではなく、自分でオリジナルの内容を作成することも大切ですが、無料でも使える生成AIツールを補助的なツールとして利用することで、自分のスキルアップに役立つことができます。

 

まとめ

生成AIとは、人工知能(AI)の一種で、人間が書いたかのような自然な文章や画像を自動で生成することができる技術です。
生成AIを使うと、文章作成や画像作成にかかる時間や労力を大幅に削減できるだけでなく、新しいアイデアや表現方法を得ることもできます。生成AIにはメリットだけでなくデメリットもあります。品質や精度にばらつきがあったり、間違った情報やコピーライトの問題が発生することもあります。
無料でも使える生成AIツールは、文章生成AIツールと画像生成AIツールに分けられます。
無料でも使える生成AIツールの中から、文章生成AIツールではChatGPT、Transcope、Catchyを、画像生成AIツールでは Stable Diffusion Online、Bing Image Creatorを紹介しました。
無料でも使える生成AIツールは活用法もあります。時短やアイデア出しに利用したり、手直しやチェックをすることでスキルアップに役立てたりできます。
この記事があなたの参考になれば幸いです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

以下のリンクでChatGPTの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【ChatGPT】始め方・登録(アカウント作成)方法、ログイン方法を解説《画像付き》

以下のリンクでBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》