【ExcelVBA】Excelシートを上部から可変的に最終行まで順次処理する方法

8月 7, 2022

Excelシートを上部から順次処理したい人向けに書いています。

本記事の内容

・ExcelVBAでExcelシートを上部から可変的に最終行まで順次処理する方法

ExcelVBA(マクロ)で自動的にExcelシートを上部から順次処理したいと思っていませんか?
ExcelVBAによってExcelシートを上部から順次処理する方法を紹介します。

 

Excelシートを上部から順次処理する方法

以下がExcelシートを上部から順次処理するプログラムです。

  1. '*****************************************
  2. '* Excelシートを上部から順次処理
  3. '*****************************************
  4. Public Sub EXCEL_SHEET_PROCESS()
  5.     Dim i As Long 'レコードカウント
  6.     Dim Proess_Start As Long 'スタート行
  7.     Dim Proess_Sheet As String '処理対象シート
  8.     
  9.     '処理対象シート
  10.     Proess_Sheet = "Sheet1"
  11.     
  12.     'データ存在確認列
  13.     Data_Exist_Cow = 1
  14.     
  15.     '処理開始行
  16.     Proess_Start = 2
  17.     
  18.     With ThisWorkbook.Sheets(Proess_Sheet)
  19.     
  20.         'シートを上部から処理(セータが存在する行まで処理)
  21.         For i = Proess_Start To .Cells(Rows.Count, Data_Exist_Cow).End(xlUp).Row
  22.             
  23.             'Excelシート処理
  24.             .Cells(i, 5).Value = "処理完了"
  25.             
  26.         Next
  27.         
  28.     End With
  29.     
  30. End Sub


10行目:処理対象シートを設定
13行目:データ存在を確認する列を設定
16行目:処理開始行
 

まとめ

ExcelVBAによってExcelシートを上部から順次処理する方法を紹介しました。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【ExcelVBA】CSVデータ取り込み方法(0頭の数字文字列対応)
【ExcelVBA】別Excelファイルのシートデータ取り込み方法(複数ファイル・シート対応)
【ExcelVBA】処理速度が遅いときに設定しておきたい高速化設定
も紹介していますので、もしよろしければこちらも御覧ください。

 

 

スポンサーリンク