SGEの始め方と使い方、注意点を徹底解説!生成AIによる新しいGoogle検索体験とは?

1月 2, 2024

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

SGEの始め方と使い方を徹底解説!生成AIによる新しい検索体験とは?
Googleが提供する生成AIによる新しい検索体験「SGE」をご存知ですか?
SGEは、検索キーワードに対してAIが情報の概要を作成してくれる機能で、情報を整理したり知りたい情報により簡単にアクセスすることができます。
SGEの始め方は簡単ですが、機能や使い方についてはまだ知らないことが多いかもしれません。そこで、この記事では、SGEの始め方と使い方を徹底的に解説します。SGEのメリットや注意点、今後の展望についても紹介します。
ぜひ最後までお読みください。

SGE(Search Generative Experience)とは

SGEの概要

SGEとは、Search Generative Experienceの略で、Googleが2023年8月30日に日本語版を試験運用した生成AIによる新しい検索体験です。SGEは、検索キーワードに対してAIが情報の概要を作成してくれる機能で、情報を整理したり知りたい情報により簡単にアクセスすることができます。SGEは、Google ChromeやGoogleアプリで使用できます。

SGEのメリット

SGEのメリットは、以下のようなものがあります。

検索行為が高度なテクニックを必要としなくなること

複数の情報源から膨大な情報を確認する必要がなくなります。

検索結果がわかりやすく整理されること

AIが質問者の意図を汲み取り、重要な情報や引用元へのリンクを表示します。

検索結果が深く掘り下げられること

AIが追加の質問や提案をしてくれることで、さらに詳細な情報を得ることができます。


 

SGEの始め方

SGEを有効にする方法

SGEを有効にする方法は、以下の通りです。

  1. Googleにアクセスする
  2. 右上の「化学ビンマーク」をクリックする
    Googleの右上の「化学ビンマーク」をクリックする
  3. 「SGE」を有効にする
    GoogleのSearch Labs画面で「SGE」を有効にする
  4. 「同意する」をクリックする
    SGEの同意画面で「同意する」をクリックする

「例を見る」ボタンを押すと以下のように検索キーワードに対して生成AIが情報の概要を作成してくれる例が出力されます。
GoogleのSearch Labs画面で例を見るボタンを押す

GoogleのSearch Labs画面で例を見るボタンを押したあとの例の表示

これでSGEが有効化されました。検索キーワードを入力すると、SGEが検索の生成を始めます。

SGEを無効にする方法

SGEを無効にする方法は、以下の通りです。

  1. Googleにアクセスする
  2. 右上の「化学ビンマーク」をクリックする
    Googleの右上の「化学ビンマーク」をクリックする
  3. 「SGE」を無効にする
    GoogleのSearch Labs画面で「SGE」を無効にする

これでSGEが無効化されました。検索キーワードを入力すると、通常の検索結果が表示されます。


 

SGEの使い方

SGEで検索する方法

SGEで検索する方法は、以下の通りです。

  1. Googleにアクセスする
  2. キーワードを入力し検索する
    Google検索で入力する
  3. 「はい」をクリックする
    Google検索でAIによる生成の入力ボタンをクリックする

これでSGEが検索の生成を始めます。例えば、「ロボット掃除機の選び方」と検索すると、以下のような画面が表示されます。
SGEで「ロボット掃除機の選び方」と検索する

SGEで生成された概要を見る方法

SGEで生成された概要を見る方法は、以下の通りです。

  1. SGEで検索した後、画面上部に表示された概要を読む
    SGEで検索した後、画面上部に表示された概要を読む
  2. 概要に含まれる重要な情報や引用元へのリンクを確認する
    SGEで生成された概要に含まれる重要な情報や引用元へのリンクを確認する
  3. 概要に満足した場合は、「ありがとう」とクリックする。概要に不満がある場合は、「追加で聞く」とクリックする

これでSGEが生成した概要を見ることができます。

SGEで追加の質問をする方法

SGEで追加の質問をする方法は、以下の通りです。

  1. SGEで生成された概要に不満がある場合は、「追加で聞く」とクリックする
    SGEで「追加で聞く」をクリックする
  2. SGEが提案した質問や自分で入力した質問で質問入力する
  3. SGEがさらに詳細な情報や引用元へのリンクを表示される
  4. 追加の質問に満足した場合は、「ありがとう」とクリックする。追加の質問に不満がある場合は、「もっと聞く」とクリックする

これでSGEで追加の質問をすることができます。
例えば、「ロボット掃除機の選び方」と検索した後、「追加で聞く」をクリックし、「ロボット掃除機の弱点はなんですか?」と質問すると、以下のような画面が表示されます。
SGEで「追加で聞く」をクリックして質問する


 

SGEの注意点

SGEはまだ試験運用中であること

SGEはまだ試験運用中であることに注意してください。SGEは、Google Labs(Googleラボ)という実験的なプロジェクトの一環として開発されています。

SGEは日本語以外の言語に対応していません。英語や中国語などの他の言語で検索すると、SGEは機能しません。GoogleはSGEを多言語対応させるために努力していますが、現在は日本語のみで利用できます。

SGEは一部のキーワードや質問に対して正確な回答を生成できない場合があります。
SGEは生成AIであるため、常に正しい情報を提供するとは限りません。SGEが生成した情報には、必ず引用元へのリンクが付いていますので、信憑性や正確性を確認することをおすすめします。

SGEは生成AIであること

SGEは生成AIであることに注意してください。
SGEは、Googleが開発した最先端の生成AIモデルであるBardをベースにしています。Bardは、インターネット上の膨大なテキストデータから学習し、自然言語を理解し生成することができるAIです。SGEは、Bardを検索エンジンに応用したもので、検索キーワードや質問に対して自動的にテキストを生成します。

SGEは生成AIであるため、以下のような特徴があります。

SGEは人間の書いたテキストではない

SGEはAIが作成したテキストです。そのため、SGEのテキストには文法的な誤りや論理的な矛盾が含まれる可能性があります。

SGEはオリジナルのテキストではない

SGEはインターネット上の既存のテキストを参考にしてテキストを生成します。そのため、SGEのテキストには引用やパラフレーズが多く含まれます。

SGEは創造的なテキストではない

SGEは既知の情報を整理や要約することが得意ですが、新しい情報やアイデアを生み出すことは苦手です。そのため、SGEのテキストには予測や推論が少なく含まれます。


 

SGEの今後の展望

SGEの改善やアップデートに期待すること

SGEはまだ試験運用中であり、生成AIであることから、現在の状態では完璧ではありません。
しかし、GoogleはSGEを常に改善やアップデートしていくことを約束しています。SGEに期待できる改善やアップデートは、以下のようなものがあります。

SGEの精度や正確性の向上

GoogleはSGEが生成したテキストの品質や信頼性を高めるために、フィードバックや評価を収集し分析しています。また、Bard自体も進化し続けており、より高度な自然言語処理能力を持つようになっています。

SGEの多言語対応

GoogleはSGEを日本語以外の言語でも利用できるようにする計画を持っています。将来的には、英語や中国語などの他の言語でもSGEを使うことができるようになるでしょう。

SGEの機能やサービスの拡充

GoogleはSGEを単なる検索エンジンではなく、様々な用途に応用できるプラットフォームとして開発しています。将来的には、SGEを使って文章を作成したり、音声や画像に変換したり、対話や教育に活用したりすることができるようになるでしょう。

SGEの活用例や応用可能性について考えること

SGEは生成AIによる新しい検索体験であり、様々な活用例や応用可能性を持っています。SGEを使うことで、以下のようなメリットが得られます。

情報収集や学習が効率的になること

SGEは検索キーワードや質問に対してAIが情報の概要を作成してくれるため、情報を整理したり知りたい情報により簡単にアクセスすることができます。これは、ビジネスや教育などの分野で有用です。

情報共有やコミュニケーションが円滑になること

SGEはAIが質問者の意図を汲み取り、重要な情報や引用元へのリンクを表示するため、情報の信頼性や正確性が高まります。これは、ジャーナリズムやマーケティングなどの分野で有効です。

情報探索や発見が楽しくなること

SGEはAIが追加の質問や提案をしてくれるため、さらに詳細な情報を得ることができます。これは、趣味や娯楽などの分野で魅力的です。

以上が、SGEの始め方と使い方に関するブログ記事です。SGEは生成AIによる新しい検索体験であり、様々なメリットや可能性を持っています。ぜひSGEを試してみてください。


 

SGEの認知度

Web検索生成AI「SGE」がリリースされたことに伴い、オルグロー株式会社が全国の男女を対象に認知と関心を調査しています。
オルグロー株式会社によるGoogleの生成AI「SGE」についての認知度調査結果はこちら

認知度は13.1%でした。まだまだ低い状態です。

オルグロー株式会社の「Googleの生成AI「SGE」についての認知度調査結果」
■調査概要
調査期間:2023年8月31日~2023年9月1日
対象:日本国内に住む男女 1,000人
調査方法:インターネット調査
調査委託先:アイブリッジ株式会社

出典:オルグロー株式会社「Googleの生成AI「SGE」についての認知度調査結果」


 

まとめ

SGEは生成AIによる新しい検索体験です。
SGEは検索キーワードに対してAIが情報の概要を作成してくれます。
SGEの始め方は簡単ですが、機能や使い方については注意点があります。SGEはまだ試験運用中であり、生成AIであることから完璧ではありません。SGEは常に改善やアップデートされており、多言語対応や機能拡充などの展望があります。
SGEは情報収集や学習、情報共有やコミュニケーション、情報探索や発見などの分野で活用できます。

 
以下のリンクでGoogle Bardの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Google Bard AIについて徹底解説《日本語版公開!始め方・使い方や特徴、ChatGPTとの違い》

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

以下のリンクでChatGPTの始め方・登録(アカウント作成)方法、ログイン方法をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【ChatGPT】始め方・登録(アカウント作成)方法、ログイン方法を解説《画像付き》

以下のリンクで「Generative AI Studio」の特徴と使い方と活用例をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「「Generative AI Studio」の特徴と使い方と活用例《Googleの生成AIモデル「Gemini」のAPIを使う!》