ChatGPTの始め方・使い方を徹底解説《ChatGPTについてと活用方法を画像付きで日本語説明》

7月 27, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

【ChatGPT】始め方・登録(アカウント作成)方法
ChatGPTをこれから使用したいと考えている人
ChatGPTの始め方・使い方を知りたい人
ChatGPTを使用するためにアカウント作成したい人向けに書いています。

本記事の内容

・ChatGPTの始め方・使い方、活用方法を紹介

ChatGPTの始め方がわからなかったり、使い方がわからなかったりしませんか?
ChatGPTのサイトページが英語ですので、ぱっと見わからないと思います。

ChatGPT(チャットジーピーティ)の始め方、使い方、活用方法をわかりやすく紹介します。 ChatGPTは、人工知能(AI)を使って、あなたと自然な会話をすることができるサービスです。 あなたの興味や目的に合わせて、さまざまなトピックやモードを選ぶことができます。

 

ChatGPTとは

ChatGPTとは、AIチャットボットのWebアプリケーションです。 Webアプリケーションですので、オフラインで使用することはできません。

ChatGPTの開発元と背景

ChatGPTとは、OpenAIという人工知能の研究開発に特化した企業が2022年11月に公開した人工知能チャットボットです。
ChatGPTは、大量のテキストデータを学習して、自然な文章を生成できる言語モデルです。
対話型のサービスで、質問に答えたり、クリエイティブなプロンプトに応えたり、詩や歌、エッセイ、短編小説、コードなどを書いたりすることができます。
ChatGPTは、人間と自然に会話できる人工知能の可能性を示す画期的なツールです。

ChatGPTは、LLM(ラージ・ランゲージ・モデル)と呼ばれるアルゴリズムによって動かされています。
このアルゴリズムは、インターネット上のさまざまなテキストデータを分析し、言語のパターンや文法を学習します。
そして、入力されたテキストに対して最も適切な応答を生成するように訓練されています。
ChatGPTは、OpenAIが以前に開発したInstructGPTという言語モデルをベースにしており、対話形式で学習させることで会話能力を向上させています。

ChatGPTは、様々な用途に応用できる柔軟性と多様性を持っています。
例えば、教育やエンターテイメント、ビジネスやライフスタイルなどの分野で活用できます。
ChatGPTは、知識や情報を提供したり、創造的なコンテンツを作成したり、ユーザーと楽しく交流したりすることができます。
以下のように質問をすると返答が返ってきます。
ChatGPT使用例
しかし、ChatGPTにも限界や課題があります。
例えば、事実と異なる回答をすることや、不適切な内容を生成することや、入力の微妙な違いに敏感に反応することなどです。
また、ChatGPTが学習していない専門用語や略語が使われる場合、適切な応答を返せないことがあります。
ChatGPTは完全に正確な応答を返すわけではありません。
機械学習に基づいているため、学習データにバイアスがある場合、応答にもそれが反映されることがあります。

ChatGPTはわずか1週間で100万人のユーザーを獲得し、2023年1月に1億人のアクティブユーザー数を記録しています。
ChatGPTの普及により、人工知能による対話システムがより身近な存在になることが期待されます。

現状AndroidやiOS等のアプリはなく、ブラウザ上でのWebページでしか使用することができませんが、ネット環境があれば誰でも使用することができます。

ChatGPTは、今後もさらに進化していくことが予想されます。
OpenAIは2023年3月15日から、次世代大規模言語モデルであるGPT-4を利用できるようにしました。これはChatGPTがさらに賢くなったことを意味します。

Googleで検索するときに「ググる」と言いますが、ChatGPTを使って何かをするときは「ジピる」と言います。


 

ChatGPTを使用するためにはアカウント作成登録が必要です。
以下でアカウント作成登録方法、ログイン方法、使用方法を紹介します。

ChatGPTのアカウント作成登録方法

ChatGPTを使用するにはアカウント作成が必要です。
少し手間ですが難しくはありません。以下でアカウント作成(登録)方法を説明します。
アカウント作成は数分程度で完了できます。

準備するもの

・メールアドレス
・電話番号

準備するのはメールアドレスと電話番号です。アカウント作成時に必要になります。

アカウント作成登録手順

アカウント作成登録手順は以下の通りです。

1.ChatGPTの登録ページで「TRY CHATGPT」ボタンをクリックして「Sign up」からメールアドレスとパスワードを登録する

2.登録したメールアドレスにOpenAIからメールが届くので受信メールのリンクから個人情報を登録し、電話番号のコード認証を行う

3.確認画面が表示されるので「Next」や「Done」ボタンをクリックする

4.以下の画面が表示されましたら完了です
ChatGPT画面

ChatGPTのアカウント作成方法の詳細についてはこちら《画像解説付き》


 

ChatGPTのログイン方法

ChatGPTのログイン手順

ログイン手順を以下で1ステップずつ説明します。

1.ChatGPTページにアクセスし、「TRY CHATGPT」ボタンをクリックする

2.「Log in」ボタンをクリックしてメールアドレスとパスワードを入力する

3.以下の画面が表示されましたら、ログイン完了です
ChatGPT画面

ChatGPTのログイン方法の詳細についてはこちら《画像解説付き》


 

ChatGPTの使い方

上記のChatGPTのログイン手順でログイン後、以下の画面が表示されます。
画面下部のチャット入力欄に調べたいことや質問を入力して右の三角ボタンをクリックするかEnterキーを押すとチャットボットのように返答が返ってきます。
ChatGPT画面

ChatGPTは様々な用途にご利用いただけますが、主に以下のようなことが可能です。

ChatGPTの活用法

小説や記事の文章生成

ChatGPTの使用例:記事作成
「〇〇の記事を書いてください」とお願いすると記事を書いてくれます。
テーマや目的を伝えて、アイディアや構成を作ってもらうこともできます。

文章や話の要約

ChatGPTの使用例:話の要約
文章を入力して要約を頼んだり、小説や映画の内容の要約も行うことができます。

言語の翻訳

ChatGPTの使用例:文章の翻訳
英語の文章を日本語に翻訳したり、日本語の文章を英語に翻訳したりすることができます。
自分で書いた英文を添削や校正してもらうこともできます。

プログラミングや表計算ソフト関数のコーディング

ChatGPTの使用例:プログラミングのコーディング
「〇〇のプログラムを書いてください」とお願いするだけでプログラムのコーディングをしてくれます。
逆にプログラムを入力して何を行っているプログラムか教えてもらうこともできます。


 

ChatGPTは日本語で使用できる!

ChatGPTの日本語版のサイトやログインページはなく、英語のサイトやログインページしかありません。
もし、日本語化したい場合はGoogle翻訳のようなアドオンを入れてページを日本語化する方法があります。
Google ChromeへのGoogle翻訳アドオンインストールはこちら

しかし、ChatGPTのチャットは日本語にも対応しています。
ChatGPTで言語設定はありませんが、チャット入力欄に日本語で入力すると日本語で返答が返ってきます。
自動で言語を解釈してその言語で返答してくれるようになっています。英語で質問すると返答は英語になります。

日本語の質問文でも、冒頭がアルファベットの場合は英語で帰ってくることがあります。
この場合は「日本語で回答して」というように、返答の言語を指定すると日本語で返答してくれます。
日本語で返答が返ってこない場合、試してみてください。


 

ChatGPTは無料で使用できる!有料版もある!?

ChatGPTは基本的に無料で使用できます。
上記で説明しました登録(アカウント作成)、ログイン方法のものは無料版のものです。

有料のサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」もあり、こちらは月額料金は20ドルで使用できます。
特徴としては以下の通りで、無料版よりは快適に使用できるようになっています。

・ピーク時でも制限なくChatGPTへのアクセスを可能にする
・より高速な応答時間になっている
・新機能や改良への優先的なアクセスがある

以下のリンクでChatGPT Plusについて詳しく解説しています。
ChatGPT Plusとは?無料版との違いやGPT-4の活用方法、メリットを徹底解説

OpenAI公式のChatGPT Plus紹介ページへはこちら


 

ChatGPTのスマートフォン(スマホ)アプリは存在しない→OpenAI公式のChatGPTのスマホアプリが利用開始に

現在(2023年1月1日時点)ではChatGPTのスマートフォン(スマホ)アプリは存在しないようです。
現状ではWebブラウザ上のページしかありません。

iPhoneのアプリストアでOpneAI公式のChatGPTアプリのダウンロードが可能になりました。
Androidのアプリも近いうちにダウンロード可能になる予定です。現在は事前登録しておくとインストール可能になったときに自動的にインストールされるようになっています。
OpenAI公式ChatGPTアプリのiOS版インストールサイトはこちら(App Store)
OpenAI公式ChatGPTアプリのAndroid版インストールサイトはこちら(Google Play)

以下のリンクでChatGPTのAndroidアプリの特徴とインストールの方法をまとめた記事を書いています。もしよろしければご覧ください。
【ChatGPT】Androidアプリの特徴とインストールの方法《Androidスマホアプリでも使用できる!》

アプリではありませんが、ブラウザ上のWebページでは端末のOS等の縛りがなくどのデバイスでも使用できます。
スマートフォンで見たWebページ画面は以下のようになっています。
ChatGPTスマホブラウザ画面

ChatGPTのWebページはこちら

ChatGPTのアプリを探すと偽アプリが出てくるようですので注意してください。


 

ChatGPTの注意点と今後の展望

セキュリティ面や情報の信頼性に注意する

ChatGPTを利用する際には、セキュリティ面や情報の信頼性に関する課題に注意する必要があります。
例えば、ChatGPTに入力した情報は、学習データとしてOpenAI社に利用されることに同意しなければならず、機密情報や著作物を入力すると漏洩や侵害のリスクがあります。
また、ChatGPTの回答は必ずしも正確でない場合があり、ファクトチェックや判断力が必要です。
さらに、ChatGPT自体やそのエンジンである自然言語処理に対する攻撃や脆弱性の可能性も指摘されています。
ChatGPTは便利なAIツールですが、その利用責任は常に利用者にあるということを忘れてはなりません。

ChatGPTの制限事項やデメリットについて知る

ChatGPTには制限事項やデメリットもあります。
例えば、ChatGPTは感情知能や常識を欠き、時には誤ったや無意味な回答を生成することがあります。
また、ChatGPTは大量のデータを学習に必要とし、そのデータの質や偏りに影響されることがあります。
さらに、ChatGPTの生成したテキストの悪用や誤解の可能性や、プライバシーやセキュリティの問題も懸念されています。
ChatGPTは便利なAIツールですが、その利用には注意と責任が必要です。

ChatGPTの競合サービスや技術動向に目を向ける

ChatGPTは独り勝ちではありません。
ChatGPTには、AmazonやGoogle、Microsoftなどの大手企業や、DeepMindやCharacter AIなどのスタートアップ企業など、多くの競合サービスが存在します。
これらの競合サービスは、ChatGPTと同様に自然言語処理や生成型AIという技術を用いて、さまざまな用途や分野で活用されています。
また、ChatGPT自体も技術的に進化しており、最新版のGPT-4は、多様なメディアやモダリティを扱えるようになりました。
ChatGPTは、生成型AIの分野で革新的なサービスですが、その分野は日々変化しており、競合サービスや技術動向に目を向けることが重要です。


 

ChatGPTを開発したOpenAIとは

OpenAIは、人工一般知能(AGI)が人類全体に利益をもたらすようにすることを目指すAI研究開発会社です。
2015年にイーロン・マスクなどの有名な起業家や投資家によって非営利団体として設立されましたが、2020年には営利法人OpenAI LPと非営利法人OpenAI Inc.の二つの組織に分かれました。
世界的に有名なテクノロジー投資家やAIの第一人者たちが設立に参加しました。

OpenAIは、世界有数のAI研究所として、さまざまな分野で革新的な技術を開発しています。

例えば、自然言語処理(NLP)では、GPTシリーズと呼ばれる大規模な言語モデルを作りました。
GPT-3は、1750億個のパラメーターを持ち、テキスト生成や要約、質問応答など多くのタスクをこなせます。

また、コンピュータビジョンでは、DALL-Eという画像生成モデルを作りました。
DALL-Eは、テキストから様々な画像を生成できます。
例えば、「アヒルの形をしたアボカド」というテキストから、「アヒルの形をしたアボカド」や「アボカドの中身がアヒル」など様々な画像を生成できます。

OpenAIはまた、強化学習やロボティクスでも優れた成果を出しています。
例えば、Dota 2というゲームでプロチームに勝ったり、Rubik’s Cube(ルービックキューブ)を解いたりするロボット手を作ったりしました。

OpenAIはその技術や成果を広く公開し、他の研究者や開発者と共有しています。
例えば、GPT-3やDALL-Eなどの大規模な言語モデルや画像生成モデルはAzure OpenAI Serviceというサービスで利用できます。
Azure OpenAI ServiceはマイクロソフトとOpenAIが共同で提供するサービスであり、企業向けに安全性や信頼性が高められています。

OpenAIはまた、人工知能技術が持つリスクに対しても注力し、AIの安全性や倫理的なますについても研究しています。
世界中の人々がより良い未来を創造するために、AI技術を活用することを目指しています。

OpenAIの公式YouTubeチャネルがあります。
OpenAIのYouTubeチャンネルへはこちら

OpenAIのTwitterもあり、以下のように情報発信されています。

 

OpenAIは、MicrosoftとAIの進歩と普及を目指すパートナーシップを組んでいます。
OpenAIのChatGPTの技術がMicrosoftのBingへ検索AIチャット機能として取り入れられ、提供されました。
→「Bingの検索AIチャット機能を使ってみたい方はこちら」


 

ChatGPTのAPIはある?APIは利用できる?

今(2023年3月1日時点)までChatGPTのAPI提供はありませんが、2023年3月2日からChatGPTのAPI(gpt-3.5-turbo)が利用開始されました。
インターネット検索するとChatGPTのAPIについて書いた記事がありますが、それはOpenAIの提供する他のAIツールやAIサービスのAPI(GPT-3)を利用したものでした。
これからインタネット上にも本当のChatGPTのAPI(gpt-3.5-turbo)について書いた記事が増えていくはずです。
ChatGPT自体はWeb画面上で質問を入力して返答してもらう使い方しかできませんでしたが、ようやくアプリケーションやソフトウェアから利用することができるようになりました。

もしOpenAIのAPI(gpt-3.5-turbo)について詳しく知りたい人は以下のリンクをご確認ください。
OpenAIの提供するAIツールやAIサービスのAPIについてはこちら


 

まとめ

この記事では、ChatGPT(チャットジーピーティ)というオンラインチャットボットサービスの始め方と使い方、登録方法について説明しました。
ChatGPTは、自然な会話を楽しめるだけでなく、さまざまなトピックやモードで知識やスキルを学ぶことができる便利なツールです。
ぜひ、ChatGPTに登録して、あなたの好きなチャットボットと会話してみてください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

以下のリンクでOpenAIのアカウント作成・ログイン・APIキー発行方法をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【OpenAI】ChatGPTのAPI使用方法を解説《OpenAIのアカウント作成・ログイン・APIキー発行》

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

以下のリンクでGoogle Bardについてまとめた記事を書いています。
Google Bardも試してみたい人はこちらもご覧ください。
→「Google Bard AIについて徹底解説《始め方・使い方や日本語版公開予想、ChatGPTとの違い》

以下のリンクでAI画像生成できるBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》