【VBA】Outlookから自動メール送信する方法(Outlookインストール必要、マクロ)

4月 14, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

【VBA】Outlookから自動メール送信する方法について(Outlookインストール必要)

ExcelVBAやAccessVBAでメールをOutlookから自動作成・送信したい人
とにかく自動メール送信をしたい方人向けに書いていまいす。

本記事の内容

OutlookによるVBAの自動メール送信方法を紹介します。

・VBAによるOutlookメール自動作成・送信方法

VBAでOutlookの自動メール送信をしたいと思ったことはありませんか?

VBAでOutlookによる自動メール送信する方法を紹介します。

 

もし、GmailやYahooメールを自動送信したい場合は以下のリンクで紹介していますのでこちらを確認ください。
VBAでメーラーなしで自動メール送信する方法

 

VBA(マクロ)でOutlookからメールを作成して自動送信する方法

Outlookアプリを使い、VBAでメール送信する方法です。
端末やサーバにOutlookのインストールが必要です。
また、送信できるまでの設定をしておく必要があります。

■条件
・実行環境にOutlookのインストールが済んでいること
・アカウント設定等も完了していて、メールの送信ができること

※Outlookアプリの起動は必要ありません

以下にVBAプログラムを記載します。

VBA(マクロ)プログラム

VBAによるOutlookメール送信のプログラムです。

  1. '*****************************************
  2. '* Outlookメール送信
  3. '*****************************************
  4. Sub MailSendOutlook_()
  5.     Dim objApp As Object 'Outlookメールアプリ格納
  6.     Dim objMail As Object 'メールオブジェクト格納
  7.     Dim strMessage As String 'メール本文
  8.     
  9.     'Outlookを起動
  10.     Set objApp = CreateObject("Outlook.Application")
  11.     
  12.     '新規メール作成
  13.     Set objMail = objApp.CreateItem(0)
  14.     
  15.     '本文を指定
  16.     strMessage = "メール本文"
  17.     strMessage = strMessage & vbCrLf & vbCrLf & vbCrLf & vbCrLf & vbCrLf & vbCrLf & vbCrLf
  18.     strMessage = strMessage & "※このメールはシステムから自動送信しています。" & vbCrLf
  19.     strMessage = strMessage & ""
  20.     
  21.     With objMail
  22.         
  23.         '送信先(To、Cc、Bcc)
  24.         .to = "送信宛先メールアドレス"
  25.         .cc = "CC送信先メールアドレス"
  26.         .bcc = "BCC送信先メールアドレス"
  27.         
  28.         '件名
  29.         .Subject = "件名"
  30.         
  31.         '書式 1:テキスト形式、2:HTML形式
  32.         .BodyFormat = 1
  33.         
  34.         '本文
  35.         .Body = strMessage
  36.         
  37.         '添付ファイル
  38.         .Attachments.Add "添付ファイルパス"
  39.         
  40.         '送信を実行
  41.         .Send
  42.         
  43.     End With
  44.     
  45.     '後始末
  46.     Set objMail = Nothing
  47.     Set objApp = Nothing
  48.     
  49. End Sub


17行目:メール本文を設定する
25行目:送信宛先メールアドレスを設定する
26行目:CC送信先メールアドレスを設定する
27行目:BCC送信先メールアドレスを設定する
30行目:件名を設定する
33行目:メール書式の設定をする(1:テキスト形式、2:HTML形式)
39行目:添付ファイルのファイルパスを設定する

 

 

まとめ

VBAによるOutlookの自動メール送信方法を紹介しました。
効率化のためのVBA自動実行処理の際、メールを送らなければならない場合、こちらのやり方で試してみてください。
最後まで拝見していただき、ありがとうございました。

 

定期的に自動でメール送信したい方は以下のリンクで定期自動実行方法を紹介していますので、ご覧ください。
→「ExcelVBA(マクロ)定期自動実行方法【batファイル VBScriptファイル タスクスケジューラ】


→「AccessVBA定期自動実行方法【batファイル vbsファイル タスクスケジューラ】

VBAでメーラーなしで自動メール送信する方法
【VBA】定期自動起動処理のエラー対応処理(処理結果メール送信)
も紹介していますので、もしよろしければこちらもご覧ください。

 

¥1,604 (2024/02/27 05:40時点 | Amazon調べ)