【VBA】FileSystemObjectによってファイルを移動させる方法

7月 8, 2022

VBAでファイル移動したい人向けに書いています。

本記事の内容

・FileSystemObjectによってファイルを移動させる方法

VBA(マクロ)で自動的にファイルを移動したいと思っていませんか?
FileSystemObjectによってファイルを移動する方法を紹介します。

 

FileSystemObjectによってファイルを移動させる方法

ExcelVBA参照設定

本方法では以下のVBAの参照設定が必要になります。
①メニュータブの「ツール」をクリックし、参照設定をクリックする

 
②「Microsoft Scripting Runtime」をチェックする

 
③OKボタンをクリックする

 

VBAプログラム

以下がFileSystemObjectによってファイルを移動させるプログラムです。

  1. '*****************************************
  2. '* ファイル移動
  3. '*****************************************
  4. Sub FILE_MOVE()
  5.     Dim beforeMoveFilepath As String '移動前ファイルパス
  6.     Dim afterMoveFolder As String '移動後フォルダ
  7.     Dim afterMoveFilepath As String '移動後ファイルパス
  8.     Dim fso As Object 'FileSystemObject
  9.     
  10.     '移動前ファイルパス
  11.     beforeMoveFilepath = "D:\Webページ保存ファイル\ZIP展開先\msedgedriver.exe"
  12.     '移動後フォルダ
  13.     afterMoveFolder = "D:\Webページ保存ファイル\移動先"
  14.     '移動後ファイルパス
  15.     afterMoveFilepath = "D:\Webページ保存ファイル\移動先\msedgedriver.exe"
  16.     
  17.     '移動後フォルダがなければ作成する
  18.     If Dir(afterMoveFolder, vbDirectory) = "" Then
  19.         MkDir afterMoveFolder
  20.     End If
  21.     
  22.     'ファイル移動
  23.     FileCopy beforeMoveFilepath, afterMoveFilepath
  24.     Application.Wait [Now()] + 10000 / 86400000
  25.     
  26.     '移動前ファイルを削除
  27.     Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  28.     Call fso.DeleteFile(beforeMoveFilepath, True) '移動前ファイルを削除
  29.     Set fso = Nothing
  30. End Sub


12行目:移動前ファイルパスを設定する
14行目:移動後フォルダを設定する
16行目:移動後ファイルパスを設定する
 

まとめ

FileSystemObjectによってファイルを移動させる方法を紹介しました。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【ExcelVBA】HTTP/HTTPS通信によるWebページ情報取得の方法」も紹介していますので、もしよろしければこちらも御覧ください。

 

 

スポンサーリンク