Bing AIが描くイラストの著作権と商用利用の注意点【Bing Image Creator】

8月 29, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

Bing AIが描くイラストの著作権と商用利用の注意点【Bing Image Creator】
Bing Image CreatorというAI技術を使ってイラストを生成する方法や、その著作権に関する注意点について解説します。
Bing Image Creatorは、Microsoftが提供する画像生成ツールで、自分の好きなプロンプトを入力するだけで、AIがイラストを作成してくれます。 このツールは、ブログやSNSなどでオリジナルの画像を使いたい人にとって便利なサービスですが、商用利用や著作権に関してはどうなっているのでしょうか?

Bing Image Creatorとは


Bing Image Creatorとは、Microsoftが提供する画像生成ツールです。このツールは、自分の好きなプロンプトを入力するだけで、AIがイラストを作成してくれます。
プロンプトとは、画像生成のための指示や要望を表す文章です。例えば、「赤いドレスを着た女性」と入力すれば、そのようなイラストが生成されます。
このツールは、ブログやSNSなどでオリジナルの画像を使いたい人にとって便利なサービスです。

Bing Image Creatorの特徴

Bing Image Creatorの特徴は以下の通りです。

  • OpenAIとMicrosoftの連携により開発された高度なAI技術を活用している
  • プロンプトに英語以外の言語も対応予定である
  • ブーストという特典を使うことで画像生成の時間を短縮できる
  • お任せで探すやアイデアを探すという機能で画像生成のヒントを得られる
  • Microsoft Edgeブラウザと連携して便利な画像生成機能を提供している

Bing Image Creatorの始め方

Bing Image Creatorを始めるためには、まずはBing Image Creator公式ページにアクセスします。
Bing Image Creatorページへはこちら

Bing Image Creatorの公式ページ に移動し、「参加して作成」ボタンをクリックします。
Bing Image Creatorを使用するには、Microsoftアカウントの登録が必要ですが、すでにMicrosoftアカウントにログインしている場合は、ログイン画面は表示されず、次のページに移動します。しかし、まだMicrosoftアカウントをお持ちでない場合は、事前にアカウント作成を行ってください。 Microsoftアカウントを作成すると、Bing Image Creatorを利用することができるようになります。
また、Bing Image Creatorでは、入力するプロンプトには英語のみ対応していますが、将来的に他の言語にも対応する予定があります。
Bing Image Creatorにアクセスしたら、上部にあるプロンプト入力欄に任意のプロンプトを入力します。すると、約15秒程度で画像が4枚生成されます。
また、新規利用時には「ブースト」と呼ばれる特典が25回分付与されます。このブーストを消費することで画像作成の時間が短縮されますが、ブーストがすべてなくなると画像作成には時間がかかるようになります。なお、ブーストは「Microsoft Rewards」というポイントサービスを利用することで追加することも可能です。
Bing Image Creatorではおまかせで画像を生成する機能も備わっています。 右上の「お任せで探す」をクリックすると、自動的に質問文が入力欄に表示されます。 もし質問内容を変更したい場合は、再度「お任せで探す」を押すことで別の質問文に変更することができます。さらに、「アイデアを探す」という機能もあります。これを選択すると、AIが生成したサンプル画像が表示され、画像にカーソルを当てるとその画像を生成したプロンプトが表示されます。これを参考にすることで、質問文のヒントを得ることができます。

以下のリンクでBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》


 

Bing Image Creatorで生成したイラストの著作権は誰にあるのか

Bing Image Creatorで生成したイラストの著作権は誰にあるのかという疑問は多くの人が持つでしょう。
著作権とは、思想や感情を創作的に表現した著作物に対して発生する権利です。 著作権者は、自分の著作物を複製や公表などの方法で利用する権利や、他人から不正な利用や侵害を受けた場合に救済を求める権利などを有します。
では、Bing Image Creatorで生成したイラストはどうなるのでしょうか?

AIが生成した画像には著作権は発生しない

まず、AIが自動生成した画像には、原則として著作権は発生しません。
著作権法では、「思想又は感情を創作的に表現した」著作物を保護するものですが、AIが生成した画像は人間の思想や感情を反映しているわけではありません。
AIはプロンプトや学習データなどから必要な情報を抽出し、それらを組み合成や変換などの手法で画像を生成しています。したがって、AIが生成した画像には著作権は発生しないというのが一般的な見解です。

ユーザーは自分が生成したイラストの著作権を保有する

しかし、AIが生成した画像には著作権は発生しないとしても、ユーザーは自分が生成したイラストの著作権を保有することができます。これは、ユーザーがプロンプトを入力することで、自分の思想や感情を創作的に表現したとみなされるからです。
プロンプトは、画像生成のための指示や要望を表す文章ですが、これはユーザーの創造性や個性を反映しています。
例えば、「赤いドレスを着た女性」というプロンプトと、「青いスーツを着た男性」というプロンプトでは、生成される画像は異なりますし、ユーザーの好みやイメージも異なります。このように、ユーザーはプロンプトによって自分の思想や感情を創作的に表現していると言えます。したがって、ユーザーは自分が生成したイラストの著作権を保有することができます。

Microsoftも生成したイラストの利用許諾を得る

しかし、ユーザーが自分が生成したイラストの著作権を保有するとしても、Microsoftも生成したイラストの利用許諾を得ることになります。これは、Bing Image Creatorの利用規約によって定められています。 Bing Image Creatorの利用規約 によると、以下のように記されています。

「あなたは、本サービスで生成されたコンテンツ(以下「生成コンテンツ」といいます)に関するあなたのすべての権利(著作権等)を保持します。ただし、あなたはMicrosoftに対し、生成コンテンツを本サービスおよびMicrosoft製品・サービス(以下「Microsoft製品・サービス」といいます)で使用する非独占的かつ無償の許諾(サブライセンス可能)を付与します。」

つまり、ユーザーは自分が生成したイラストに関するすべての権利を保持しますが、Microsoftに対してもそのイラストをBing Image Creatorや他のMicrosoft製品・サービスで使用する許可を与えます。この許可は非独占的かつ無償ですから、Microsoft以外の第三者にもそのイラストを使用する権利を与えることができますし、Microsoftもそのイラストに対して料金を支払う必要はありません。また、この許可はサブライセンス可能ですから、Microsoftはそのイラストを他の人や組織に使用させることもできます。


 

Bing Image Creatorで生成したイラストは商用利用できるのか

Bing Image Creatorで生成したイラストは商用利用できるのかという疑問も多くの人が持つでしょう。
商用利用とは、営利目的で画像を使用することです。例えば、商品やサービスの宣伝や販売、広告や出版などが商用利用にあたります。では、Bing Image Creatorで生成したイラストは商用利用できるのでしょうか?

商用利用に関しては著作権法や知的財産権に従う必要がある

Bing Image Creatorで生成したイラストは商用利用できるかどうかは、著作権法や知的財産権に従う必要があります。
すでに述べたように、ユーザーは自分が生成したイラストの著作権を保有することができますが、Microsoftも生成したイラストの利用許諾を得ることになります。したがって、ユーザーが自分が生成したイラストを商用利用する場合は、Microsoftの許可を得る必要があります。また、Microsoftもユーザーが生成したイラストを商用利用する場合は、ユーザーの許可を得る必要があります。
さらに、Bing Image Creatorで生成したイラストには、他の人や組織の著作物や知的財産権が含まれている可能性もあります。 例えば、プロンプトに「ディズニーのキャラクター」と入力した場合、生成されたイラストにはディズニー社の登録商標や著作物が含まれている可能性があります。このような場合は、ディズニー社の許可を得る必要があります。
また、プロンプトに「実在の人物」と入力した場合、生成されたイラストにはその人物の肖像権やパブリシティ権が含まれている可能性があります。このような場合は、その人物の許可を得る必要があります。
つまり、Bing Image Creatorで生成したイラストは商用利用できるかどうかは、著作権法や知的財産権に従う必要があるということです。

Microsoftは不適切なコンテンツや著作権侵害の疑いがあるコンテンツを削除する権利を持つ

また、Bing Image Creatorで生成したイラストは商用利用できるかどうかに関わらず、Microsoftは不適切なコンテンツや著作権侵害の疑いがあるコンテンツを削除する権利を持っています。Bing Image Creatorの利用規約 によると、以下のように記されています。

「Microsoftは本サービス上で公開された生成コンテンツを監視しません。ただし、Microsoftは本サービス上で公開された生成コンテンツを任意の理由で削除することができます。」

つまり、MicrosoftはBing Image Creator上で公開されたイラストをチェックしていませんが、もし不適切な内容や著作権侵害の疑いがある内容を発見した場合は、そのイラストを削除することができます。
不適切な内容とは、例えば暴力的な内容や性的な内容や差別的な内容などです。著作権侵害の疑いとは、例えば他人の著作物や知的財産権を無断で使用している内容などです。
このように、MicrosoftはBing Image Creatorで生成したイラストを削除する権利を持っていますので、ユーザーはそのことを承知して利用する必要があります。


 

Bing Image Creatorの展望と今後の対応

Bing Image Creatorは、AI技術を使って画像を生成する画期的なサービスですが、まだまだ発展の余地があります。
この章では、Bing Image Creatorの展望と今後の対応について紹介します。

高度なAI技術の統合や責任あるAI技術の普及が期待される

Bing Image Creatorは、OpenAIとMicrosoftの連携により開発された高度なAI技術を活用していますが、さらに高度なAI技術の統合や責任あるAI技術の普及が期待されます。
高度なAI技術の統合とは、例えば、画像生成だけでなく、音声や動画などのメディアも生成できるようにすることや、画像生成の精度や多様性を向上させることなどです。
責任あるAI技術の普及とは、例えば、AIが生成したコンテンツに関する透明性や説明責任を高めることや、AIが生成したコンテンツに関する倫理や法律の遵守を確保することなどです。
これらの取り組みにより、Bing Image Creatorはより高品質で安全で信頼できるサービスになることが期待されます。

ブラウザとの連携強化やマルチターンチャットの最適化も展望の一つ

Bing Image Creatorは、Microsoft Edgeブラウザと連携して便利な画像生成機能を提供していますが、ブラウザとの連携強化やマルチターンチャットの最適化も展望の一つです。
ブラウザとの連携強化とは、例えば、他のブラウザでもBing Image Creatorを利用できるようにすることや、ブラウザ上で画像生成を簡単に行えるようにすることなどです。
マルチターンチャットの最適化とは、例えば、ユーザーがプロンプトを入力する際にAIが質問や提案をすることや、ユーザーが生成したイラストに対してAIがフィードバックやコメントをすることなどです。これらの取り組みにより、Bing Image Creatorはよりインタラクティブで楽しいサービスになることが期待されます。


 

まとめ

Bing Image CreatorというAI技術を使ってイラストを生成する方法や、その著作権に関する注意点について解説しました。
Bing Image Creatorは、自分の好きなプロンプトを入力するだけでAIがイラストを作成してくれる画像生成ツールです。このツールは、ブログやSNSなどでオリジナルの画像を使いたい人にとって便利なサービスですが、商用利用や著作権に関しては注意が必要です。
Bing Image Creatorで生成したイラストは商用利用できるかどうかは、著作権法や知的財産権に従う必要があります。また、Microsoftは不適切なコンテンツや著作権侵害の疑いがあるコンテンツを削除する権利を持っています。
Bing Image Creatorは、高度なAI技術の統合や責任あるAI技術の普及、ブラウザとの連携強化やマルチターンチャットの最適化など、今後も発展していくことが期待されます。
Bing Image Creatorを使って、自分だけのオリジナルのイラストを作ってみませんか?
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Bing Image Creatorページへはこちら

以下のリンクでBing Image Creatorの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Bing Image Creatorの始め方・使い方を徹底解説《AIで画像生成が可能!概要・特徴・課題・注意点を解説》

以下のリンクでMicrosoft Edge Copilotの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》