OpenAIのAPIキー発行方法を解説《ChatGPTのAPI利用開始!「gpt-3.5-turbo」について》

3月 18, 2023

【OpenAI】ChatGPTのAPI使用方法を解説《OpenAIのアカウント作成・ログイン・APIキー発行》
ChatGPTのAPIの使用方法を知りたい人
OpenAIのAPIサービスを利用したい人向けに書いています。

本記事の内容

・OpenAIのアカウント作成方法、ログイン方法、APIキー発行方法を解説

ChatGPTを利用していてChatGPTのAPIも利用してみたいと思ったことはありませんか?
OpenAIのサイトページが英語でAPIサービスの利用方法がわかりにくいと思ったことはありませんか?

ChatGPTのAPIについてと、OpenAIのアカウント作成方法、ログイン方法、APIキー発行方法を解説します。

 

ChatGPTのAPIが2023年3月2日に利用開始

今(2023年3月1日時点)までChatGPTのAPI提供はありませんが、2023年3月2日からChatGPTのAPI(gpt-3.5-turbo)が利用開始されました。
インターネット検索するとChatGPTのAPIについて書いた記事がありますが、それはOpenAIの提供するAIツールやAIサービスのAPI(GPT-3)を利用したものでした。
これからインターネット上にも本当のChatGPTのAPIについて書いた記事が増えていくはずです。
ChatGPT自体はWeb画面上で質問を入力して返答してもらう使い方しかできませんでしたが、ようやくアプリケーションやソフトウェアから利用することができるようになりました。

 

ChatGPTのAPI(gpt-3.5-turbo)について

ChatGPTのAPIは、OpenAIが2023年3月2日に提供を開始した、チャットボットや会話アプリケーションに最適化されたテキスト生成APIです。

ChatGPTのAPIは、OpenAIの大人気ChatGPTと同じAIモデルを搭載しており、「gpt-3.5-turbo」と名付けられています。
「gpt-3.5-turbo」は、OpenAIが現在提供している最も強力なテキスト生成モデル「GPT-3.5」よりも高速で安価であり、自然で流暢な会話を生成することができます。

「gpt-3.5-turbo」の特徴は、テキストを一連のメッセージとメタデータとしてChatGPT APIにフィードする「ChatML」(Chat Markup Language)を採用していることです。
これにより、テキストの意味や文脈を自動的に識別し、より正確で自然な応答を生成することが可能になります。

ChatGPTのAPIを利用するには、OpenAIのウェブサイトからAPIキーを発行する必要があります。
その後、Pythonなどのプログラミング言語で簡単なコードを書くことで、ChatGPTのAPIにアクセスし、任意のテキスト入力に対して応答を得ることができます。

ChatGPTのAPIは、チャットボットや会話アプリケーションだけでなく、教育やエンターテイメントなど様々な分野で活用される可能性があります。
 

OpenAIが提供するAPIサービス

OpenAIの提供しているAPIには、文章生成や要約、セマンティック検索、自然言語からコードへの翻訳などの様々なAIサービスがあります。
OpenAIのAPIを使えば、AIによる文章生成や画像生成もプログラミング経由で実装できます。

OpenAIのAPIを利用するには、OpenAIからAPIキーを発行してもらう必要があります。
APIキーは、OpenAIのウェブサイトから申請することができます。
OpenAIページURL:https://openai.com/

OpenAIのAIサービスのAPIは以下のものがあります。
・GPT-3 高機能のAI利用言語モデル
・DALL·E 画像を生成・編集する
・Codex 自然言語に基づいたコーディングアシスタント

これらのAPIはプログラムから利用できますが、APIの利用は有償となっています。
APIキーは、利用した使用量に応じて課金される仕組みです。
アカウント登録時に18ドル分のクレジットが有効期限3ヶ月で付与されるので、お試しは無料で行えます。

 

OpenAIのAPIキーの発行方法

OpenAIのAIサービスをプログラム(ソフトウェア)から利用するには、AIサービスごとのAPIをプログラム中から呼び出すことで利用可能です。
そしてAPIを利用する際には、APIキーと呼ばれる自分に固有のIDを入力する必要があります。
APIキーはOpenAIのアカウント作成が必要になります。
以下でOpenAIのアカウント作成(登録)方法、ログイン方法、APIキーの発行方法を紹介します。

OpenAIのAPIキーの発行までの手順

1.OpenAIのアカウント作成(登録)

もしChatGPTが使用できる状態でしたらアカウント作成は必要ありません。ChatGPTのアカウント作成時のIDでログインしてください。
OpenAIページのログインからログインしてください。

OpenAIページにアクセスし、右上の「Sign up」ボタンをクリックする

②メールアドレスとパスワードを登録する

③登録したメールアドレスにOpenAIからメールが届くので受信メールのリンクをクリックする

④個人情報を入力して電話番号認証を行う

⑤確認画面や使用の目的を聞かれるので対象のボタンをクリックする

⑥以下の画面が表示されましたら、アカウント作成(登録)完了です
ログイン後のOpenAI画面

以下のリンクでOpenAIのアカウント作成(登録)方法を画像付きで1ステップずつ詳しく説明しています。
ChatGPTのアカウント作成方法の詳細についてはこちら《画像付き徹底解説》


スポンサーリンク
 

2.OpenAIページへのログイン

OpenAIページにアクセスし、右上の「LOG IN」ボタンをクリックする

②メールアドレスとパスワードを入力する

③以下の画面が表示されましたら、ログイン完了です
ログイン後のOpenAI画面

以下のリンクでOpenAIへのログイン方法を画像付きで1ステップずつ詳しく説明しています。
ChatGPTのログイン方法の詳細についてはこちら《画像付き徹底解説》

スポンサーリンク
 

3.OpenAIのAPIキーの発行

①OpenAIへログイン後のページ右上の「Personal」をクリックし、「View API keys」をクリックする
OpenAIのAPIキー発行OpenAIページ画面

②APIキーページの「Create new secret key」ボタンをクリックする
OpenAIのAPIキー発行OpenAIのAPIページ画面

③以下の画面でAPIキーが生成されるので、赤枠のコピーアイコンをクリックしてAPIキーをコピーする
OpenAIのAPIキー発行画面

■注意点
取得したAPIキーが漏洩すると他人も利用できるようになるため、漏洩しないように保管ください。

これでOpenAIのAPIキー発行は完了です。
こちらのAPIキーでAPIが利用可能になります。

スポンサーリンク

 

OpenAIのAPIサービス利用料金

OpenAIのAPIサービス利用料金は以下のリンクで確認できます。
OpenAIのAPIサービス利用料金(公式ページ)

OpenAIのAPIサービス利用料金はサブスクリプションのような定額料金ではなく、APIの利用頻度や利用内容による従量料金制になっています。
APIのリクエストが発生した分、課金する形になっています。

OpenAIのAPIでは、様々な種類のモデルを利用できますが、それぞれに異なる料金体系があります。

まず、自然言語処理モデルについてですが、GPT-4という最新のモデルは、「1K tokens(約1000文字)あたり0.03ドル(約3.3円)」となっています。
また、gpt-3.5-turboという以前のモデルは、「1K tokens(約1000文字)あたり0.002ドル(約0.22円)」となっています。
GPT-3.5(text-davinci-003)というさらに以前のモデルは、「1K tokens(約1000文字)あたり0.02ドル(約2.2円)」となっています。
gpt-3.5-turboは、GPT-3.5(text-davinci-003)の改良版で、より低いコストで高品質なテキストを生成できます。
GPT-4はコストが高くなりますが、gpt-3.5-turboより高品質なテキストを生成できます。

次に、画像生成や編集モデルについてですが、DALL·Eというモデルは、画像の解像度に応じて料金が変わります。
例えば、「1024×1024」の画像を生成する場合は、「一枚あたり0.02ドル(約2.2円)」となります。

※OpenAIは支払い上限が設定できるようになっています。上限に達するとAPIが利用できなくなります。
スポンサーリンク

 

OpenAIとは

OpenAIは、AI研究の進歩を促進するために設立された非営利団体であり、AI技術の発展に取り組んでいます。

自然言語処理、画像認識、強化学習など、多様な分野で研究を行っており、世界中の研究者や企業と共同でAIの開発を進めています。
OpenAIは、AIの技術を公平で安全なものにするために研究に力を入れており、特に、人間の安全性を脅かす可能性のある自律的なAIを回避するための技術開発に注力しています。
また、AIが偏見を持たないようにするための研究も進めています。
OpenAIは、AIが将来どのように人々の生活に影響を与える可能性があるかについても注意を払っており、社会的な視点からもAIの発展に向けた研究を進めています。

OpenAIの公式YouTubeチャネルがあります。
OpenAIのYouTubeチャンネルへはこちら

OpenAIのTwitterもあります。

スポンサーリンク

 

まとめ

OpenAI(ChatGPT)のAPI使用方法を解説しました。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

以下のリンクでChatGPTの始め方・登録(アカウント作成)方法、ログイン方法をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【ChatGPT】始め方・登録(アカウント作成)方法、ログイン方法を解説《画像付き》

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

以下のリンクでExcelVBAでOpenAIのAPI(GPT-3)を使用して情報収集する方法の記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【ExcelVBA】OpenAIのAPI(GPT-3)を使用して表形式で情報収集する方法

他にも
ハイブリッドワークにおすすめ便利・快適アイテム」
オフィスワーカーがすべきWindowsPC設定
VBAでOutlookから自動メール送信する方法
【Amazon定期おトク便】おすすめ商品《日用品・食品・子育て用品》
も紹介していますので、もしよろしければこちらもご覧ください。