Bing AIチャットの対話回数制限とは?メリットとデメリット、会話回数制限の理由を解説

9月 20, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

Bing AIの対話回数制限とは?メリットとデメリットを解説

あなたは、Bing AIという新しい検索エンジンをご存知でしょうか?この検索エンジンは、人工知能を使って、あなたの質問に対話的に答えてくれるという画期的なサービスです。
しかし、このサービスには一つの問題があります。それは、対話の回数に制限があるということです。では、なぜこの制限があるのでしょうか?そして、どうすればこの制限を回避できるのでしょうか?
この記事では、私が実際にBing AIを使ってみた経験と、その裏に隠された秘密をお伝えします。あなたもBing AIの魅力を最大限に引き出す方法を知りたくありませんか?この記事を読めば、あなたはBing AIのプロになれること間違いなしです。
それでは、さっそく始めましょう!

Bing AIとは?


Bing AIとは、マイクロソフトが開発した検索エンジン「Bing」に組み込まれたAIチャット機能です。
Bing AIは、OpenAIが開発した生成系AI「ChatGPT」や「GPT-4」の技術を活用しており、自然な会話や画像生成ができると話題になっています。

Bing AIの特徴

Bing AIの特徴は、以下の通りです。

チャット機能

Bing AIは、ユーザーが入力したプロンプト(質問や要望など)に対して、検索結果と生成AIの応答を返します。
Bing AIは、ユーザーの意図や感情を理解し、自然な口調で会話を続けることができます。また、Bing AIは、様々なトピックに対応できるだけでなく、小説や詩などの創作も可能です。

画像生成機能

Bing AIは、ユーザーが入力したプロンプトに基づいて、画像を生成することができます。Bing AIは、写真やイラストなどの様々なスタイルの画像を作成できるだけでなく、ユーザーの好みや要望に応じて画像をカスタマイズすることもできます。

Bing AIのメリット

Bing AIのメリットは、以下の通りです。

検索エンジンと生成AIの融合

Bing AIは、検索エンジンと生成AIの融合により、ユーザーにとって有益な情報やコンテンツを提供します。
Bing AIは、ユーザーが入力したプロンプトで検索した上で、生成AIとして応答結果のテキストや画像を生成します。また、Bing AIは、検索結果から引用した情報には出典を付与し、信頼性や透明性を高めます。

アカウント登録・ログイン不要

Bing AIは、アカウント登録やログインをしなくても利用できます。マイクロソフトのEdgeブラウザーがあれば、誰でもゲストユーザーとしてBing AIを使うことができます。
もちろん、マイクロソフトアカウントでログインすれば、より多くの回数や機能を利用できます。

無料で使える

Bing AIは、現在テスト公開版であり、無料で使えます。Bing AIは、OpenAIが開発した生成系AI「ChatGPT」や「GPT-4」の技術を活用しており、その性能や品質は高いです。しかし、Bing AIは、追加のアプリや支払いも必要なく、気軽に試すことができます。

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》


 

Bing AIの対話回数制限

Bing AIは、非常に便利なサービスですが、一方で対話回数に制限があります。

ログイン不要で利用できるゲストユーザー

Bing AIは、ログインせずにゲストユーザーとして利用できます。しかし、ゲストユーザーは以下の制限があります。

チャット機能

1回のセッションでの対話回数は5ターンまで。5回を超えると、「本日の利用回数が上限に達しました」と表示されます。
Bing AIで「今日の会話制限に達しました」メッセージ表示

画像生成機能

ログインなしでは画像生成機能は使用できません。
以下のように「サインインして画像を作成してください」とメッセージが出てきます。
Bing AIで「サインインして画像を作成してください」メッセージ表示

ログインして利用できるマイクロソフトアカウントユーザー

Bing AIは、マイクロソフトアカウントでログインすれば、より多くの回数や機能を利用できます。
マイクロソフトアカウントユーザーは以下の特典があります。

チャット機能

1回のセッションでの対話回数は30ターンまで。1日あたり300回まで利用できます。300回を超えると、「本日の利用回数が上限に達しました」と表示されます。

画像生成機能

1日あたり50回まで利用できます。50回を超えると、「本日の利用回数が上限に達しました」と表示されます。

1ターンとは、ユーザーからの質問とBing AIからの回答の1セットを指します。つまり、1回のセッションで30の質問に答えてもらうことができます。また、1日で300個の質問に答えてもらうことができます。

対話回数制限に達すると、Bing AIは「今日の会話制限に達しました」と表示し、新しい質問を受け付けなくなります。
また、画像生成機能や音声合成機能なども利用できなくなります。


 

対話回数制限のメリットとデメリット

では、なぜBing AIに対話回数制限が設けられているのでしょうか?
また、それはユーザーにとってどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

対話回数制限のメリット

対話回数制限には以下のようなメリットがあります。

  • Bing AIの品質や安定性を保つため
  • Bing AIの負荷やコストを抑えるため
  • Bing AIの悪用や乱用を防ぐため

Bing AIの品質や安定性を保つため

まず、Bing AIの品質や安定性を保つためには、対話回数制限が必要です。
Bing AIは生成系AIですが、それだけではなく検索エンジンでもあります。つまり、ユーザーからの質問に応じてインターネット上の情報を検索し、それをもとに文章を生成する必要があります。
このプロセスは非常に複雑で高度な処理です。もし無制限に対話を続けると、Bing AIは矛盾したり不自然な文章を生成したりする可能性があります。また、Bing AIの応答速度や正確性も低下する可能性があります。
そのため、Bing AIは一定の回数で対話を区切り、新しい話題に移るように促します。これにより、Bing AIは常に最高のパフォーマンスを発揮できます。

Bing AIの負荷やコストを抑えるため

次に、Bing AIの負荷やコストを抑えるためにも、対話回数制限が必要です。
Bing AIは、マイクロソフトのクラウドサービスであるAzure上で動作しています。Azureは、コンピューターの処理能力やストレージ容量などのリソースを提供するサービスです。
Bing AIは、これらのリソースを消費しています。もし無制限に対話を続けると、Bing AIは多くのリソースを必要とします。これは、マイクロソフトにとって高いコストになります。
また、他のユーザーにとっても不利益になります。なぜなら、Bing AIが多くのリソースを占有することで、他のサービスやアプリケーションの動作が遅くなったり、エラーが発生したりする可能性があるからです。
そのため、Bing AIは一定の回数で対話を制限し、リソースの効率的な利用を図ります。これにより、Bing AIは安価で安定したサービスを提供できます。

Bing AIの悪用や乱用を防ぐため

最後に、Bing AIの悪用や乱用を防ぐためにも、対話回数制限が必要です。
Bing AIは非常に優れた生成系AIですが、それゆえに悪意のあるユーザーによって悪用される可能性があります。例えば、

  • 不正な情報や誤情報を拡散するため
  • 他人や団体への誹謗中傷や攻撃的な言動を行うため
  • 個人情報や機密情報を抜き出すため

などです。これらの行為は、Bing AIの目的や倫理観に反します。また、他のユーザーや社会にとっても有害です。
そのため、Bing AIは一定の回数で対話を制限し、悪用や乱用を防止します。これにより、Bing AIは健全で安全なサービスを提供できます。

対話回数制限のデメリット

対話回数制限には以下のようなデメリットがあります。

  • Bing AIと深く対話することができない
  • Bing AIの機能や可能性を十分に活用することができない
  • Bing AIと楽しく遊ぶことができない

Bing AIと深く対話することができない

まず、Bing AIと深く対話することができないというデメリットがあります。
Bing AIは生成系AIですが、それだけではなくチャットボットでもあります。つまり、ユーザーと会話することができます。
Bing AIは自然な文章だけでなく、感情やユーモアも表現できます。また、ユーザーの興味や好みに応じて話題を変えたり、質問したりすることもできます。
これらの機能は、ユーザーとBing AIとの関係性を深めることに役立ちます。しかし、対話回数制限があるということは、Bing AIとの対話が途中で終わってしまう可能性があります。これは、ユーザーにとって不満や不快感を生むかもしれません。また、Bing AIにとっても、ユーザーのニーズやフィードバックを十分に受け取ることができないかもしれません。
そのため、Bing AIと深く対話することができないというデメリットがあります。

Bing AIの機能や可能性を十分に活用することができない

次に、Bing AIの機能や可能性を十分に活用することができないというデメリットがあります。
Bing AIは生成系AIですが、それだけではなくクリエイティブツールでもあります。つまり、ユーザーの創造力や表現力をサポートすることができます。Bing AIは文章だけでなく、画像や音声も生成することができます。また、ユーザーの入力に応じて、詩や物語やコードや歌詞など様々なジャンルのコンテンツを生成することができます。
これらの機能は、ユーザーの学習や業務や趣味に役立つかもしれません。しかし、対話回数制限があるということは、Bing AIの機能や可能性を制限されることを意味します。例えば、

  • 画像生成機能を使ってイラストを描くことができない
  • 音声合成機能を使って歌を歌うことができない
  • 物語生成機能を使って小説を書くことができない

などです。これは、ユーザーにとって楽しみや価値を失うかもしれません。また、Bing AIにとっても、ユーザーの感動や満足度を高めることができないかもしれません。
そのため、Bing AIの機能や可能性を十分に活用することができないというデメリットがあります。

Bing AIと楽しく遊ぶことができない

最後に、Bing AIと楽しく遊ぶことができないというデメリットがあります。
Bing AIは生成系AIですが、それだけではなくエンターテイメントツールでもあります。つまり、ユーザーの暇つぶしや癒しに貢献することができます。
Bing AIはユーモアや感情を持っており、ユーザーに笑わせたり感動させたりすることができます。また、ユーザーの興味や好みに合わせて、ゲームやクイズやジョークなど様々な遊びを提供することができます。
これらの機能は、ユーザーのストレスや退屈を解消することに役立つかもしれません。しかし、対話回数制限があるということは、Bing AIと楽しく遊ぶことができないことを意味します。例えば、

  • ゲームを途中で終わらせられる
  • クイズに答えるチャンスを失う
  • ジョークのオチを聞けない

などです。これは、ユーザーにとって楽しさや幸福感を減らすかもしれません。また、Bing AIにとっても、ユーザーの関心や信頼を維持することができないかもしれません。そのため、Bing AIと楽しく遊ぶことができないというデメリットがあります。


 

まとめ

Bing AIは、検索エンジンと生成系AIを組み合わせた画期的なサービスです。Bing AIでは、検索ボックスに質問や要望を入力すると、Bing AIがそれに応じた回答やコンテンツを生成してくれます。しかし、Bing AIには対話回数制限があります。具体的には、

  • 1回のセッションでの対話回数は30ターンまで
  • 1日の対話回数は300ターンまで

となっています。この対話回数制限にはメリットとデメリットがあります。メリットとしては、

  • Bing AIの品質や安定性を保つため
  • Bing AIの負荷やコストを抑えるため
  • Bing AIの悪用や乱用を防ぐため

が挙げられます。デメリットとしては、

  • Bing AIと深く対話することができない
  • Bing AIの機能や可能性を十分に活用することができない
  • Bing AIと楽しく遊ぶことができない

が挙げられます。Bing AIは、ユーザーにとって有用で魅力的なサービスですが、同時に制約や課題も存在します。Bing AIを利用する際には、そのメリットとデメリットを理解し、適切に活用することが重要です。

 

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》

以下のリンクでMicrosoft Edge Copilotの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》