Microsoft 365 Copilotの活用事例とおすすめの設定《MicrosoftのAI》

6月 28, 2023

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

Microsoft 365 Copilotの活用事例とおすすめの設定

Microsoft 365の購入はこちら(Microsoft公式ページ)

本記事の内容

・Microsoft 365 Copilotの活用事例とおすすめの設定

Microsoft 365 Copilot は、仕事の副操縦士となる新しいAIツールです。
大規模言語モデル (LLM) のパワーと Microsoft Graph のデータを組み合わせて、言葉を生産性向上ツールに変えます。
この記事では、Microsoft 365 Copilot の主な機能や利用シーン、および推奨する設定について紹介します。

Microsoft 365 Copilotとは?


Microsoft 365 Copilotは、Microsoftが2023年3月に発表した、仕事の副操縦士とも言えるサービスです。
Microsoft 365 Copilotは、大規模言語モデル (LLM) のパワーと、Microsoft GraphやMicrosoft 365アプリ内のデータを組み合わせ、あなたの言葉を地球上で最も強力な生産性向上ツールに変えます。

Microsoft 365 Copilotは、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Teamsなど、日々利用しているMicrosoft 365アプリに組み込まれています。
また、まったく新しい体験であるBusiness Chatも提供されます。
Business Chatは、LLM、Microsoft 365アプリ、そしてユーザーのデータ (カレンダー、メール、チャット、ドキュメント、ミーティング、連絡先) を横断して機能し、これまでできなかったことを実現します。

たとえば、「製品戦略をどのように更新したか、私のチームに教えてください」といった自然言語のプロンプト (指示) を入力すると、午前中の会議、メール、チャットのスレッドに基づいて、ステータスアップデートが生成されます。

Microsoft 365 Copilotは、創造性を解き放ち、生産性を最大化し、スキルを向上させることができます。

創造性を解き放つ

Wordで文章を作成したり編集したりする際にCopilotがアシストしてくれます。
Copilotは正しい情報や間違った情報も提供しますが、常にユーザーの仕事を先へと進めてくれます。
PowerPointでは関連するコンテンツや美しいデザインを提案してくれます。
Excelではトレンドやデータビジュアライゼーションを素早く作成できます。

生産性の最大化

Outlookでは長いメールのスレッドを要約したり返信メールのドラフトを作成したりできます。
Teamsでは会議の要点やアクションアイテムをまとめてくれます。
Power Platformでは繰り返し作業を自動化したりチャットボットやアプリを作成できます。

スキルの向上

Copilotは得意なことをより得意にし、まだ習得していないことをすぐにマスターできるようにしてくれます。
Copilotはユーザーがコントロールできるため、フィードバックやリライトなどを指示しながら自分の独自アイデアを表現できます。


 

Microsoft 365 Copilotの活用事例

Microsoft 365 Copilotは、さまざまな業界や職種で活用できるツールです。
ここでは、いくつかの事例を紹介します。

教育

教育現場では、Microsoft 365 Copilotを使って、教材やレポートの作成を効率化できます。
たとえば、Wordで「第二次世界大戦について教えてください」と入力すると、Copilotが関連する情報や画像を提供してくれます。
また、Copilotは文法や表現力についても改善してくれるため、より高品質な文章を作成できます。

マーケティング

マーケティングでは、Microsoft 365 Copilotを使って、キャンペーンやコンテンツの企画や実行をサポートできます。
たとえば、PowerPointで「新製品のプレゼンテーションを作成してください」と入力すると、Copilotが過去に作成したスライドから関連するコンテンツを追加し、美しいデザインを提案してくれます。
また、Copilotはターゲットオーディエンスや市場動向についても分析してくれるため、より効果的な戦略を立てることができます。

金融

金融では、Microsoft 365 Copilotを使って、データの分析やレポーティングを簡単にできます。
たとえば、Excelで「株価の変動を分析してください」と入力すると、Copilotがトレンドやパターンを見つけてくれます。
また、Copilotはプロフェッショナルなデータビジュアライゼーションを数秒で作成してくれるため、よりわかりやすく伝えることができます。


 

Microsoft 365 Copilotのおすすめの設定

Microsoft 365 Copilotは、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズできるツールです。
ここでは、おすすめの設定方法を紹介します。

Copilotモードの選択

Microsoft 365 Copilotには3つのモードがあります。

バランス

Copilotはユーザーの入力に応じて最適なレベルの支援を提供します。
これはデフォルトのモードです。

クリエイティブ

Copilotはユーザーの入力に対してより自由に発想し、オリジナルなコンテンツやアイデアを提供します。
これは創造性を重視する場合におすすめです。

プレシジョン

Copilotはユーザーの入力に対してより厳密に回答し、正確さや信頼性を高めます。
これは分析性や客観性を重視する場合におすすめです。

Copilotモードは、Microsoft 365アプリの右上にあるCopilotアイコンから切り替えることができます。

Copilotフィードバックの送信

Microsoft 365 Copilotは、ユーザーからのフィードバックに基づいて学習し、改善します。
Copilotが提供したコンテンツやサポートに対して、「良い」「悪い」「報告」のいずれかの評価を送信することができます。
– 「良い」:Copilotが提供したコンテンツやサポートが役に立った場合に選択します。
– 「悪い」:Copilotが提供したコンテンツやサポートが不適切だった場合に選択します。
– 「報告」:Copilotが提供したコンテンツやサポートが不正確だったり、倫理的に問題があったりした場合に選択します。

Copilotフィードバックは、Microsoft 365アプリの右下にあるCopilotフィードバックアイコンから送信することができます。


 

Microsoft 365 Copilotのメリットと注意点

Microsoft 365 Copilotは、仕事を効率化し、創造性や生産性を高めることができる優れたツールです。
しかし、同時に注意すべき点もあります。
ここでは、メリットと注意点をまとめてみました。

メリット

– Microsoft 365アプリとシームレスに連携し、常に利用可能
– 自然言語で簡単に操作できる
– 大規模言語モデル (LLM) のパワーとMicrosoft Graph や Microsoft 365 アプリ内のデータを活用し、高品質なコンテンツやサポートを提供
– バランス・クリエイティブ・プレシジョンの3つのモードから選択できる
– ユーザーからのフィードバックに基づいて学習し、改善する

注意点

– Microsoft 365 Copilotは完璧ではなく、間違った情報や不適切な内容を提供する可能性がある
– Microsoft 365 Copilotはあくまでも副操縦士であり、最終的な判断や責任はユーザー自身が持つ必要がある
– Microsoft 365 Copilotは個人情報や機密情報を扱う際に注意が必要である
– Microsoft 365 Copilotは現在プレビュー段階であり、利用料金や日本語対応など未定な点が多い


 

まとめ

この記事では、「Microsoft 365 Copilotの活用事例とおすすめの設定」について紹介しました。

Microsoft 365 Copilotは、

– Microsoftが2023年3月に発表した仕事の副操縦士
– 大規模言語モデル (LLM) のパワーとMicrosoft Graph や Microsoft 365 アプリ内のデータを組み合わせたサービス
– Word・Excel・PowerPoint・Outlook・TeamsなどMicrosoft 365アプリに統合されて利用可能
– 自然言語で操作できる
– バランス・クリエイティブ・プレシジョンの3つのモードから選択できる
– フィードバックに基づいて学習し改善する

という特徴を持つツールです。

Microsoft 365 Copilotは、

– 創造性を解き放ち
– 生産性を最大化し
– スキルを向上させる

ことで仕事を変革します。
しかし、
– 間違った情報や不適切な内容を提供する可能性がある
– 最終的な判断や責任はユーザー自身が持つ必要がある
– 個人情報や機密情報を扱う際に注意が必要である
– 利用料金や日本語対応など未定な点が多い

という注意点もあります。

Microsoft 365 Copilotは、仕事の新たな形を創造するための画期的なツールです。
現在はプレビュー段階ですが、今後数ヶ月以内により多くのユーザーに利用できるようになる予定です。

Microsoft 365 Copilotは、あなたの仕事をより楽しく、より効果的にするためのパートナーです。ぜひ一度お試しください。

以上、「Microsoft 365 Copilotの活用事例とおすすめの設定」についてでした。ご覧いただきありがとうございました。

Microsoft 365の購入はこちら(Microsoft公式ページ)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

 

以下で本記事に関連する記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。

以下のリンクでMicrosoft 365 Copilotについてまとめた記事を書いています。
→「Microsoft 365 Copilotについて徹底解説《機能、特徴、メリット、使い方》

以下のリンクでMicrosoft 365 Copilotで文章力をアップさせる方法をまとめた記事を書いています。
→「Microsoft 365 Copilotで文章力をアップさせる方法《AIを使用して文章のレベルアップする》

以下のリンクでMicrosoft 365 Copilotが提供するAIアシスタントの種類と使い方をまとめた記事を書いています。
→「Microsoft 365 Copilotが提供するAIアシスタントの種類と使い方《CopilotのAIができること》

以下のリンクでMicrosoft 365 Copilotの活用事例とおすすめの設定をまとめた記事を書いています。
→「Microsoft 365 Copilotの活用事例とおすすめの設定《MicrosoftのAI》

以下のリンクでMicrosoft Edge Copilotの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》

以下のリンクで新しいBingチャットAIの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
→「【Bing】AIチャットの始め方・使い方を徹底解説《Microsoft版ChatGPT検索エンジンの使用方法》