【大阪府子ども食費支援事業】お米クーポン以外の選択について《メリット・デメリット》

6月 2, 2024

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

大阪府子ども食費支援事業のお米クーポン以外の選択について
大阪府では、子育て世帯の食費支援として、お米クーポンや食料品を配布する事業を実施しています。第1弾は2023年6月末までに申請が必要でしたが、第2弾は9月から申請が始まりました。この記事では、お米クーポン以外の選択肢のメリットデメリットについてご紹介します。

大阪府子ども食費支援事業とは何か

大阪府子ども食費支援事業の概要

大阪府子ども食費支援事業とは、物価高騰の影響で食費に困っている子育て世帯に対して、大阪府が給付する制度です。
対象者は、大阪府内に住む18歳以下の子どもがいる世帯で、所得制限があります。

給付額は、一人あたり税込5,000円相当分(送料を含む)で、以下の二つから選ぶことができます。

  • お米PAYおおさか(お米クーポン)
  • その他食料品(食料品選択ページからお米または食料品を選択)

申請期間は2023年9月1日から2023年11月30日までで、インターネットや郵送で行うことができます。

以下のリンクで大阪府子ども食費支援事業の第2弾についてまとめた記事も書いています。もしよろしければご覧ください。
→「大阪でお米クーポンをゲットしよう!第2弾の申請方法と使い方《大阪府子ども食費支援事業》

大阪府子ども食費支援事業公式サイトの対象者確認ページはこちら
大阪府子ども食費支援事業の公式サイトの給付内容はこちら

大阪府子ども食費支援事業の目的

この支援事業の目的は、家計に占める食費の割合が大きい子育て世帯において、物価高騰の影響を緩和することです。また、大阪府のすべての子どもたちに健康的な食生活を送ってもらうことも狙いの一つです。
このように、大阪府は子どもたちの未来に投資することを重視しています。


 

お米クーポン以外の食料品を選ぶメリットとデメリット

メリット

お米クーポン以外の食料品を選ぶメリットは、以下のようなものがあります。

  • 自宅で米を炊かない世帯や、米以外の食材が欲しい世帯にとっては、よりニーズに合った支援が受けられる
  • 食料品セットには、カップ麺やドリンクなどの保存性や携帯性が高いものが含まれているため、非常時や外出時に便利
  • 食料品セットには、栄養バランスや味付けが工夫されたものが含まれているため、手軽に調理や食事ができる
  • 食料品セットは自宅に配送されるため、買い物に行く手間や時間が省ける

デメリット

一方で、お米クーポン以外の食料品を選ぶデメリットもあります。

  • 食料品セットは、お米PAYおおさかと比べて、給付額に対する商品の量や価値が低い可能性がある
  • 食料品セットは、選択肢が限られており、好みやアレルギーなどに合わないものが含まれている可能性がある
  • 食料品セットは、配送に時間がかかる場合があり、申請から受け取りまでに1か月以上かかる場合もある
  • 食料品セットは、配送先の住所や電話番号などの個人情報を提供する必要がある


 

お米クーポン以外の食料品の種類と配送方法

食料品の種類

お米以外の食料品として選べるものは、以下のようなものがあります。

  • お米(5kg)
  • カップ麺セット(20個)
  • ドリンクセット(24本)
  • パックご飯セット(20個)
  • 缶詰セット(20個)
  • レトルトカレーセット(20個)

大阪府子ども食費支援事業の給付物品カタログはこちら

これらの食料品は、大阪府が指定した業者から直接配送されます。食料品の内容や賞味期限などは、各業者のホームページで確認できます。

配送方法

食料品の配送方法は、以下のようになっています。

  • 配送先は、申請時に登録した住所に限られる
  • 配送日時は、業者から事前に連絡がある
  • 配送時には、本人確認や受領書へのサインが必要
  • 不在時には、不在票が投函される
  • 再配達は、不在票に記載された連絡先に電話することで依頼できる
  • 再配達の回数に制限はないが、長期不在や受取拒否などで受け取れない場合は、給付を取り消される可能性がある


 

お米PAYおおさかとは何か

お米PAYおおさかの概要

お米PAYおおさかとは、大阪府が提供するスマートフォンアプリで、お米クーポンとして使えるポイントをチャージできるサービスです。
対象者は、大阪府子ども食費支援事業でお米PAYおおさかを選んだ人で、アプリをダウンロードして登録することで利用できます。チャージ額は、一人あたり税込5,000円分で、以下のような特徴があります。

  • 使用期限は2024年1月31日まで
  • 使用できる対象は白米、玄米、発芽米等の米(米の調理品や雑穀米は除く)に限られる
  • 使用できる店舗は大阪府内の指定されたスーパーやコンビニなど約2,000店舗
  • 購入金額がチャージ額を超えた場合は現金やクレジットカードなどで差額を支払うことができる
  • チャージ額を下回った場合は残高が繰り越される

お米PAYおおさかの概要については、以上です。次に、お米PAYおおさかを使うメリットとデメリットについて見ていきましょう。


 

5. お米PAYおおさかを使うメリットとデメリット

メリット

お米PAYおおさかを使うメリットは、以下のようなものがあります。

  • お米は、日本人の主食であり、栄養価や保存性が高い
  • お米は、自分の好きな時に好きな量だけ買うことができる
  • お米は、自分の好きな種類や産地を選ぶことができる
  • お米は、スマートフォンアプリで簡単に支払うことができる
  • お米は、大阪府内の多くの店舗で購入できる

デメリット

一方で、お米PAYおおさかを使うデメリットもあります。

  • お米は、重くて持ち運びが大変な場合がある
  • お米は、炊飯器や鍋などの調理器具が必要
  • お米は、使用期限があるため、早めに消費する必要がある
  • お米は、対象商品が限られているため、他の食材と組み合わせる必要がある
  • お米は、スマートフォンアプリの操作やトラブルに不慣れな人にとっては難しい場合がある


 

お米PAYおおさかで買えるお米の種類と購入方法

お米の種類

お米PAYおおさかで買えるお米の種類は、白米、玄米、発芽米等の米(米の調理品や雑穀米は除く)です。
これらの種類には、以下のような特徴があります。

白米:精白されたもっとも一般的なお米で、味や食感が良い
玄米:精白されていない未加工のお米で、栄養価が高い
発芽米:玄米を発芽させたもので、消化吸収が良くなる
その他:有機栽培や無農薬などの特徴を持つものもある
これらの種類に加えて、産地や品種も選ぶことができます。例えば、

大阪府産:大阪府内で栽培されたもので、地元産を応援することができる

全国産:全国各地で栽培されたもので、多様な味や特色を楽しむことができる
コシヒカリ:日本で最も人気のある品種で、粘りや甘みが強い
あきたこまち:秋田県原産の品種で、ふっくらとした食感と香りが特徴

これらの種類や産地や品種は、各店舗によって異なります。詳しくは、アプリ内の店舗一覧や店舗情報を確認してください。

購入方法

お米PAYおおさかで買える店舗では、以下のようにして購入することができます。

  1. アプリを起動して、店舗一覧から購入したい店舗を選ぶ
  2. 店舗に行って、購入したいお米を選ぶ
  3. アプリのバーコードリーダーで、お米のバーコードを読み取る
  4. アプリの支払い画面で、チャージ額から購入金額を引く
  5. 差額がある場合は、現金やクレジットカードなどで支払う
  6. レジで、アプリの支払い完了画面を見せる

以上で、お米PAYおおさかでお米を買うことができます。残高は、アプリのトップ画面で確認できます。

以下のリンクで大阪府子ども食費支援事業のお米PAYおおさかでの購入方法ついてまとめた記事も書いています。もしよろしければご覧ください。
→「大阪でお米クーポンをゲットしよう!第2弾の申請方法と使い方《大阪府子ども食費支援事業》


 

申請方法と注意点

申請方法

大阪府子ども食費支援事業に申請する方法は、以下のようになっています。

インターネット申請:大阪府のホームページから申請フォームにアクセスし、必要事項を入力する
郵送申請:大阪府から送られる申請書に必要事項を記入し、返信用封筒に入れて送付する
申請に必要な書類は、以下のものです。

  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)
  • 所得証明書類(源泉徴収票や確定申告書など)
  • 子どもの在籍証明書類(学校や保育園などの証明書)
  • 口座情報(お米PAYおおさかを選んだ場合)

これらの書類は、インターネット申請の場合は写真やPDFなどのデータとして添付し、郵送申請の場合はコピーして同封します。オリジナルは返却されませんのでご注意ください。

以下のリンクで大阪府子ども食費支援事業の申請方法についてまとめた記事も書いています。もしよろしければご覧ください。
→「大阪でお米クーポンをゲットしよう!第2弾の申請方法と使い方《大阪府子ども食費支援事業》

注意点

申請する際には、以下の点に注意してください。

  • 申請期間は2023年9月1日から11月30日までで、期間内に必ず提出すること
  • 申請者は子どもがいる世帯の代表者であること
  • 子ども1人につき一回しか申請できないこと
  • 申請内容に虚偽や不正があった場合は給付を取り消される可能性があること
  • お米PAYおおさかを選んだ場合はアプリのダウンロードと登録が必要であること


 

大阪府子ども食費支援事業の問い合わせ先

もしわからないことや不明な点がありましたら、大阪府子ども食費支援事業コールセンターにお問い合わせることができます。
問い合わせ先は以下の通りです。

大阪府子ども食費支援事業コールセンター

TEL:0120-479-208
FAX:06-6944-9105
開設時間:平日 9時~18時(土日祝日除く)

FAQ公式サイト

公式サイトのFAQも用意されています。以下のリンクです。
大阪府子ども食費支援事業の公式サイトのFAQはこちら


 

まとめ

お米クーポン以外の選択肢のメリットデメリットについてご紹介しました。
この記事が皆さんの参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

大阪府子ども食費支援事業の第3弾ついて実施が決定しています。以下のリンクで詳しく書いています。
もしよろしければご覧ください。
大阪でお米クーポンをゲットしよう!第3弾の申請方法と使い方《大阪府子ども食費支援事業》

以下のリンクで大阪府子ども食費支援事業の第2弾についてまとめた記事も書いています。
もしよろしければご覧ください。
→「大阪でお米クーポンをゲットしよう!第2弾の申請方法と使い方《大阪府子ども食費支援事業》

大阪市プレミアム付商品券2023の購入方法や利用期間、注意点などを解説については以下のリンクで詳しく書いています。
もしよろしければご覧ください。
【大阪市プレミアム付商品券2023】購入方法や利用期間、注意点などを解説