CopilotとChatGPTの違いを徹底比較!《メリット・デメリットや利用シーンを説明》

1月 27, 2024

※当ブログではリンク先にプロモーションを含みます。

CopilotとChatGPTの違いを徹底比較!
CopilotとChatGPTという二つの人工知能(AI)技術について、違いや特徴、利用シーンなどを徹底的に比較してみました。
CopilotとChatGPTは、どちらも自然言語処理(NLP)という分野のAI技術で、テキストや音声を理解したり生成したりすることができます。
しかし、両者には大きな違いがあります。それは何でしょうか?この記事では、以下のような疑問に答えていきます。

  • CopilotとChatGPTはどのように開発されたのか?
  • CopilotとChatGPTはどのような機能を持っているのか?
  • CopilotとChatGPTはどのような料金体系になっているのか?
  • CopilotとChatGPTはどのような用途に向いているのか?
  • CopilotとChatGPTのメリットとデメリットは何か?

この記事を読めば、CopilotとChatGPTの違いがわかり、自分に合ったAI技術を選ぶことができるようになります。
それでは、さっそく見ていきましょう。

CopilotとChatGPTの開発背景と目的

Copilotとは


Copilotは、マイクロソフトが開発したAI技術です。
Copilotは、検索エンジン「Bing」に統合されており、ユーザーにパーソナライズされた支援を提供することを目的としています。Copilotは、2023年12月に「Bing Chat」という名称から「Microsoft Copilot」に変更されました。
Copilotは、OpenAIが開発した大規模言語モデル(GPT-4)と、マイクロソフトが保有するデータ(Microsoft Graph)を組み合わせた独自の技術「Prometheus」を利用しています。これにより、Copilotは、ユーザーのニーズやコンテキストに応じて、最適な情報やサービスを提供することができます。
Copilotは、WordやExcelなどのMicrosoft 365のアプリにも組み込まれており、ユーザーの生産性や創造性を高めることができます。

以下のリンクでMicrosoft Copilotの始め方&使い方をまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Copilotとは?使い方・始め方や機能を徹底解説《Bingが提供する生成AIチャット》

ChatGPTとは


ChatGPTは、OpenAIが開発したAI技術です。
ChatGPTは、自然言語処理(NLP)という分野のAI技術で、テキストや音声を理解したり生成したりすることができます。
ChatGPTは、2022年11月にリリースされました。ChatGPTは、GPT-3.5やGPT-4という大規模言語モデルを基にしており、インターネットからの膨大な量のテキストデータで学習しています。これにより、ChatGPTは、人間の言語や会話を模倣することができます。
ChatGPTは、APIとしても提供されており、さまざまなアプリケーションに統合することができます。
ChatGPTは、ユーザーとの会話を通じて、質問に答えたり、雑談をしたり、文章を生成したり、画像を認識したり、画像を生成したりすることができます。

以下のリンクでChatGPTの始め方&使い方をまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「ChatGPTの始め方・使い方を徹底解説《ChatGPTについてと活用方法を画像付きで日本語説明》


 

CopilotとChatGPTの共通点

CopilotとChatGPTには、以下の共通点があります。

  • どちらもLLMであり、テキストの生成や翻訳、コードの作成など、さまざまなタスクを実行することができます。
  • どちらもオープンソースではありません。
    CopilotはMicrosoftによって開発および保守されており、ChatGPTはOpenAIによって開発および保守されています。

CopilotとChatGPTの違い

CopilotとChatGPTには、以下の違いがあります。

Copilot ChatGPT
開発元 Microsoft OpenAI
利用料金 誰でも無料で利用可能 誰でも無料で利用可能
学習データ Bingの検索結果、Microsoft製品やサービスに関するドキュメント インターネット上のさまざまなテキストデータ
得意分野 コードの作成、ドキュメントの作成 創造的なテキストの生成、言語の翻訳

学習データの違い

Copilotは、Microsoftの検索エンジンであるBingの検索結果や、Microsoftの製品やサービスに関するドキュメントなど、
膨大な量のテキストデータで学習されています。一方、ChatGPTは、インターネット上のさまざまなテキストデータで学習されています。

この違いにより、Copilotは、Microsoft製品やサービスに関する文書の作成や、Bingの検索結果に基づく情報の提供などに、ChatGPTよりも適していると言えます。

得意分野の違い

Copilotは、テキストの生成や翻訳、コードの作成など、さまざまなタスクを実行することができます。しかし、Copilotの得意分野は、特に以下の2つです。

  • コードの作成
  • ドキュメントの作成

Copilotは、コードの生成や修正、ドキュメントの執筆など、文書作成に関連するタスクを、ChatGPTよりも正確かつ効率的に実行することができます。

ChatGPTは、テキストの生成や翻訳、コードの作成など、さまざまなタスクを実行することができます。しかし、ChatGPTの得意分野は、特に以下の2つです。

  • 創造的なテキストの生成
  • 言語の翻訳

ChatGPTは、詩や物語などの創造的なテキストの生成や、英語から日本語への翻訳など、言語に関するタスクを、Copilotよりも正確かつ自然に実行することができます。


 

CopilotとChatGPTの機能比較

チャット機能

CopilotとChatGPTは、どちらもチャット機能を持っています。
チャット機能とは、ユーザーがテキストや音声で質問やコメントを入力すると、AIがそれに応じてテキストや音声で返答する機能です。チャット機能は、日常の質問や情報検索、雑談など、さまざまな用途で利用できます。
CopilotとChatGPTのチャット機能の違いは、以下のようになります。

Copilotのチャット機能

Copilotは、検索エンジン「Bing」に統合されており、最新の情報や信頼できるソースを参照して回答することができます。
また、回答には情報源のURLや引用符が付与されるため、ユーザーは情報の正確性や信頼性を確認することができます。
Copilotは、会話中に「創造的」、「バランスよく」、「厳密に」という3つのモードを自由に切り替えることができます。これにより、ユーザーは、自分のニーズや目的に応じて、AIの回答のスタイルやトーンを調整することができます。

ChatGPTのチャット機能

ChatGPTは、インターネットからのテキストデータで学習しており、検索エンジンとは独立しています。そのため、最新の情報や信頼できるソースを参照することができない場合があります。
また、回答には情報源のURLや引用符が付与されないため、ユーザーは情報の正確性や信頼性を確認することができません。
ChatGPTは、会話のコンテキストやユーザーの感情を理解し、魅力的で会話的な回答を生成することができます。また、文章生成や画像生成などの創作活動にも対応しています。

ブラウジング機能

ブラウジング機能とは、ユーザーが特定のトピックやキーワードに関する情報を求めると、AIがそれに応じてウェブサイトや画像などの検索結果を表示する機能です。
ブラウジング機能は、情報収集や学習、趣味など、さまざまな用途で利用できます。
CopilotとChatGPTのブラウジング機能の違いは、以下のようになります。

Copilotのブラウジング機能

Copilotは、検索エンジン「Bing」に統合されており、ユーザーが入力したトピックやキーワードに関する最適な検索結果を表示することができます。
また、Copilotは、ユーザーの履歴や嗜好、地域などを考慮して、パーソナライズされた検索結果を提供することができます。
Copilotは、ウェブサイトや画像だけでなく、動画やニュース、地図、ショッピングなどのカテゴリーにも対応しており、ユーザーは自分の目的に合わせて検索結果を絞り込むことができます。

ChatGPTのブラウジング機能

ChatGPTは、検索エンジンとは独立しており、ユーザーが入力したトピックやキーワードに関する検索結果を表示することができません。
しかし、ChatGPTは、インターネットからのテキストデータで学習しており、ユーザーが入力したトピックやキーワードに関する一般的な知識や情報を回答することができます。
また、ChatGPTは、画像認識機能や画像生成機能を持っており、ユーザーが画像を送信すると、その画像に関する説明やコメントを返したり、その画像に関連する画像を生成したりすることができます。

画像認識機能

画像認識機能とは、ユーザーが画像を送信すると、AIがその画像に含まれる物体や人物、場面などを認識して、テキストや音声で説明する機能です。
画像認識機能は、旅行や教育、趣味など、さまざまな用途で利用できます。
CopilotとChatGPTの画像認識機能の違いは、以下のようになります。

Copilotの画像認識機能

Copilotは、検索エンジン「Bing」に統合されており、ユーザーが送信した画像に関する最適な情報や関連する画像を表示することができます。
また、Copilotは、画像の中のテキストやバーコード、QRコードなどを読み取ることができます。
Copilotは、画像の説明には情報源のURLや引用符が付与されるため、ユーザーは情報の正確性や信頼性を確認することができます。

ChatGPTの画像認識機能

ChatGPTは、検索エンジンとは独立しており、ユーザーが送信した画像に関する情報や関連する画像を表示することができません。
しかし、ChatGPTは、インターネットからのテキストデータで学習しており、ユーザーが送信した画像に関する一般的な知識や情報を回答することができます。
また、ChatGPTは、画像の中のテキストやバーコード、QRコードなどを読み取ることができません。
ChatGPTは、画像の説明には情報源のURLや引用符が付与されないため、ユーザーは情報の正確性や信頼性を確認することができません。

画像生成機能

画像生成機能とは、ユーザーがテキストや音声で要望や指示を入力すると、AIがそれに応じて画像を生成して、テキストや音声で説明する機能です。
画像生成機能は、創作活動や教育、趣味など、さまざまな用途で利用できます。
CopilotとChatGPTの画像生成機能の違いは、以下のようになります。

Copilotの画像生成機能

Copilotは、検索エンジン「Bing」に統合されており、ユーザーが入力した要望や指示に関する最適な画像を表示することができます。また、Copilotは、ユーザーが送信した画像をもとに、その画像のスタイルや色彩、形状などを変更したり、その画像に関連する画像を生成したりすることができます。Copilotは、画像の説明には情報源のURLや引用符が付与されるため、ユーザーは情報の正確性や信頼性を確認することができます。

ChatGPTの画像生成機能

ChatGPTは、検索エンジンとは独立しており、ユーザーが入力した要望や指示に関する画像を表示することができません。
しかし、ChatGPTは、インターネットからのテキストデータで学習しており、ユーザーが入力した要望や指示に関する一般的な知識や情報を回答することができます。
また、ChatGPTは、画像生成機能を持っており、ユーザーがテキストや音声で要望や指示を入力すると、その内容に応じて画像を生成することができます。
ChatGPTは、画像の説明には情報源のURLや引用符が付与されないため、ユーザーは情報の正確性や信頼性を確認することができません。

プラグイン機能

プラグイン機能とは、ユーザーが自分の使っているアプリケーションやサービスにAI技術を組み込むことができる機能です。
プラグイン機能は、生産性や創造性、コミュニケーションなど、さまざまな用途で利用できます。
CopilotとChatGPTのプラグイン機能の違いは、以下のようになります。

Copilotのプラグイン機能

Copilotは、Microsoft 365のアプリケーションやサービスに統合されており、ユーザーは自分の使っているWordやExcelなどにCopilotを呼び出すことができます。
また、Copilotは、Microsoft EdgeやChromeなどのブラウザにも組み込まれており、ユーザーは自分の閲覧しているウェブサイトにCopilotを呼び出すことができます。
Copilotは、ユーザーの作業や閲覧に応じて、最適な情報やサービスを提供することができます。例えば、Wordで文章を書いているときにCopilotを呼び出すと、文章の校正や改善、引用や参考文献の挿入などの支援を受けることができます。

ChatGPTのプラグイン機能

ChatGPTは、APIとして提供されており、ユーザーは自分の使っているアプリケーションやサービスにChatGPTを組み込むことができます。
また、ChatGPTは、OpenAI Playgroundというウェブサイトにも組み込まれており、ユーザーは自分の好きなようにChatGPTと会話したり、文章や画像を生成したりすることができます。
ChatGPTは、ユーザーの入力やコンテキストに応じて、魅力的で会話的な回答や創作物を生成することができます。
例えば、OpenAI PlaygroundでChatGPTを呼び出すと、雑談や質問、詩や物語、コードや歌詞などの創作活動を楽しむことができます。


 

CopilotとChatGPTの料金比較

Copilotの料金

Copilotは、マイクロソフトが提供するAI技術であり、Microsoft 365のサブスクリプションに含まれています。つまり、Microsoft 365のユーザーであれば、Copilotを無料で利用することができます。
Microsoft 365の料金は、プランや期間、国や地域によって異なりますが、一般的には、個人用プランは月額980円から、法人用プランは月額1,540円からとなっています。
また、Copilotは、Bingの検索エンジンにも統合されており、Bingのユーザーであれば、Copilotを無料で利用することができます。Bingは、GoogleやYahooなどの他の検索エンジンと同様に、ウェブサイトや広告の表示によって収益を得ており、ユーザーに対して料金を請求することはありません。
Copilotの個人向け上位サービス、Copilot Proもあります。Copilot Proを利用するには、月額 3,200 円(税込)のサブスクリプション料金を支払う必要があります。サブスクリプションは、Microsoftアカウントでキャンセルされるまで継続され、毎月請求されます。

以下のリンクでMicrosoft Copilot Proについてまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Copilot Proとは《Microsoftの最新AIアシスタントの魅力と使い方》

ChatGPTの料金

ChatGPTは、OpenAIが提供するAI技術であり、Webアプリケーションとして提供されています。ChatGPTを利用するには、OpenAIのアカウントを作成する必要がありますが無料で使用できます。
有料プランのChatGPT Plusもあります。月額20ドル(約2,600円)で支払い方法はクレジットカードのみです。

以下のリンクでChatGPT Plusについてまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「ChatGPT Plusとは?無料版との違いやGPT-4の活用方法、メリットを徹底解説

また、APIも使用することができます。OpenAIのAPIページからAPIキーを取得してご自身で作成したアプリケーションに組み込むことができます。APIキーの取得には、審査や申請が必要です。また、ChatGPTのAPIの利用には、利用量に応じて料金が発生します。ChatGPTの料金は、以下のようになっています。

  • 基本プラン: 月額0円、1日あたり10,000トークンまで無料で利用可能
  • スタンダードプラン: 月額49ドル、1日あたり100,000トークンまで利用可能、超過分は1トークンあたり0.0008ドル
  • プレミアムプラン: 月額499ドル、1日あたり1,000,000トークンまで利用可能、超過分は1トークンあたり0.0006ドル

トークンとは、ChatGPTがテキストや音声を処理する際に使用する単位です。一般的には、1トークンは約4文字に相当します。例えば、「こんにちは」というテキストは、3トークンになります。また、画像の処理には、1画像あたり64トークンが必要です。例えば、「猫の画像を生成してください」という要望に対して、ChatGPTが画像を生成する場合、64トークンが消費されます。

以下のリンクでOpenAIのAPIキー発行方法をまとめた記事を書いています。もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「【OpenAI】ChatGPTのAPI使用方法を解説《OpenAIのアカウント作成・ログイン・APIキー発行》


 

CopilotとChatGPTの利用シーン比較

情報収集や検索にはCopilot

Copilotは、検索エンジン「Bing」に統合されており、最新の情報や信頼できるソースを参照して回答することができます。
また、Copilotは、ユーザーの履歴や嗜好、地域などを考慮して、パーソナライズされた検索結果を提供することができます。
Copilotは、ウェブサイトや画像だけでなく、動画やニュース、地図、ショッピングなどのカテゴリーにも対応しており、ユーザーは自分の目的に合わせて検索結果を絞り込むことができます。
Copilotは、情報収集や検索に適したAI技術です。
例えば、以下のようなシーンでCopilotを利用することができます。

  • 旅行の計画や予約をするときに、目的地の観光スポットやホテル、レストランなどの情報を検索したり、口コミや評価を確認したりすることができます。
  • 学習や研究をするときに、必要な知識やデータを検索したり、引用や参考文献を挿入したりすることができます。
  • 趣味や娯楽を楽しむときに、自分の好きなジャンルやトピックに関するウェブサイトや動画や画像を検索したり、おすすめや関連するコンテンツを見つけたりすることができます。

創作活動や会話にはChatGPT

ChatGPTは、インターネットからのテキストデータで学習しており、人間の言語や会話を模倣することができます。
また、ChatGPTは、画像生成機能を持っており、ユーザーがテキストや音声で要望や指示を入力すると、その内容に応じて画像を生成することができます。
ChatGPTは、創作活動や会話に適したAI技術です。
例えば、以下のようなシーンでChatGPTを利用することができます。

  • 詩や物語やコードや歌詞などの文章を生成したり、改善したりすることができます。また、自分の書いた文章に対して、ChatGPTの感想や評価を聞くことができます。
  • 雑談や質問やゲームなどの会話を楽しむことができます。また、自分の感情や悩みに対して、ChatGPTの励ましやアドバイスを受けることができます。
  • 猫や犬や花や星などの画像を生成したり、自分の送った画像に関する説明やコメントを聞くことができます。また、自分の好きなキャラクターやセレブなどの画像を生成したり、パロディやコラージュなどの画像を生成したりすることができます。


 

CopilotとChatGPTのメリットとデメリット

Copilotのメリットとデメリット

Copilotのメリットとデメリットは、以下のようになります。

Copilotのメリット

  • 最新の情報や信頼できるソースを参照して回答することができる
  • ユーザーのニーズやコンテキストに応じて、最適な情報やサービスを提供することができる
  • Microsoft 365のアプリケーションやサービスに統合されており、生産性や創造性を高めることができる
  • 会話中に「創造的」、「バランスよく」、「厳密に」という3つのモードを自由に切り替えることができる
  • Microsoft 365のユーザーやBingのユーザーであれば、無料で利用することができる

Copilotのデメリット

  • 情報やサービスの提供にはインターネットの接続が必要である
  • 会話や創作活動にはあまり向いておらず、魅力的で会話的な回答や創作物を生成することができない
  • Microsoft 365のユーザーやBingのユーザーでなければ、利用することができない

ChatGPTのメリットとデメリット

ChatGPTのメリットとデメリットは、以下のようになります。

ChatGPTのメリット

  • 人間の言語や会話を模倣することができる
  • 会話や創作活動に向いており、魅力的で会話的な回答や創作物を生成することができる
  • 画像生成機能を持っており、ユーザーの要望や指示に応じて画像を生成することができる
  • APIとして提供されており、さまざまなアプリケーションやサービスに組み込むことができる
  • 基本プランは無料で利用することができる

ChatGPTのデメリット

  • 最新の情報や信頼できるソースを参照することができない場合がある
  • 情報やサービスの提供にはインターネットの接続が必要である
  • 回答や創作物の正確性や信頼性を確認することができない場合がある
  • スタンダードプランやプレミアムプランは有料であり、利用量に応じて料金が発生する
  • APIキーの取得には、審査や申請が必要である


 

まとめ

CopilotとChatGPTは、どちらも自然言語処理(NLP)という分野のAI技術で、テキストや音声を理解したり生成したりすることができます。
しかし、両者には大きな違いがあります。
Copilotは、検索エンジン「Bing」に統合されており、最新の情報や信頼できるソースを参照して回答することができます。また、Copilotは、Microsoft 365のアプリケーションやサービスに統合されており、ユーザーの生産性や創造性を高めることができます。
ChatGPTは、インターネットからのテキストデータで学習しており、人間の言語や会話を模倣することができます。また、ChatGPTは、画像生成機能を持っており、ユーザーの要望や指示に応じて画像を生成することができます。
CopilotとChatGPTは、それぞれにメリットとデメリットがあります。ユーザーは、自分のニーズや目的に応じて、自分に合ったAI技術を選ぶことができます。
CopilotとChatGPTの違いを理解して、より便利で楽しいAIライフを送りましょう。
最後までご覧いただきありがとうございました。

以下のリンクでMicrosoft Copilotの始め方&使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Copilotとは?使い方・始め方や機能を徹底解説《Bingが提供する生成AIチャット》

以下のリンクでCopilot in Windowsについてまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Copilot in Windowsについて徹底解説《特徴、使い方、機能、メリット》Microsoft OSのAIツール

以下のリンクでMicrosoft 365 Copilotについてまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft 365 Copilotについて徹底解説《機能、特徴、メリット、使い方》

Microsoft 365の購入はこちら(Microsoft公式ページ)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

CopilotはMicrosoft Edgeのサイドバー(Microsoft Edge Copilot)でも使用できます。
以下のリンクでMicrosoft Edge Copilotの始め方・使い方をまとめた記事を書いています。
もし、こちらも興味があればご覧ください。
→「Microsoft Edge Copilotについて徹底解説《AI搭載!特徴、始め方・使い方、注意点・制限事項を説明》